Vitality Asset

何かと心配になりやすい元セラピストがメンタルヘルスについて考えるブログ

5〜6時間睡眠を28年続けると頭は悪くなるのか?っていう観察研究のお話です

f:id:nasubi-healthcare:20201215105733p:image

 

こんにちは、なすびです。

 

「睡眠不足は心身ともに良いことが無さすぎる!」って話は当ブログでも繰り返し取り上げてるんですが、まあ過去の研究でも睡眠時間が短すぎると死亡リスクや病気のリスクが上がる傾向にありますし、メンタルも悪化しやすいこともわかっております。

 

さらに加えると睡眠不足の良くないところは記憶力や判断力といった認知機能が落ちちゃうところでして、これも体験してる人は多いと思いますが睡眠時間が少ない日は頭がぼーっとしてミスが増えたり、勉強の一夜漬けが全然記憶に残ってなかったりするあの感じですね。

 

慢性的な寝不足は寿命を縮めますし、1日寝不足になるだけでも脳のパフォーマンスが大幅に低下するわけなんですが、今回紹介する新しい研究では「寝不足が28年続くと脳が萎縮するのか?」ってポイントを調べててくれて面白かったです。

 

 

 

28年間の調査で分かった、睡眠時間と脳のパフォーマンスの関係

これはオックスフォード大学の研究チームが発表した研究になりまして613人の男女(平均約42歳)を対象に「適切な睡眠時間を下回る生活を続けると脳にどんな影響があるのか?」を調べた観察研究なります。(P)

 

研究の手順をざっと見ていくと、

 

  • 1985年〜2013年の間で1日の平均睡眠時間を5回チェックする
  • 2012年から2016年の間で認知機能を図るテストやMRIを使って脳の灰白質体積などを1回チェックする

 

といった感じで、日頃の睡眠時間によって脳のパフォーマンスに違いがあるのか?を比べたわけです。

 

1日の平均睡眠時間については参加者の回答をもとに

 

  • 5時間以下
  • 6時間〜
  • 7時間〜
  • 8時間〜
  • 9時間以上

 

と5つにカテゴリーわけして、それぞれの時間で認知機能や脳の状態を比較してくれてます。

 

一応米国の基準だと1日7時間〜8時間の睡眠を推奨してるんですが、研究チームは「そこから逸脱してる人たちほど認知機能が低下してたり、脳が小さいのではないか?」と仮説を立てたわけですね。(日本では成人の場合、7時間前後を推奨)

 

仮説通りに行けば、睡眠時間が7〜8時間のグループより5〜6時間のグループの方が認知機能が低く、脳も小さくなってそうなんですが、結果をみると、

 

 

  • 記憶力といった認知機能に差はなかった
  • 灰白質の体積などにも違いはなかった

 

 

ということで、この結果は年齢や性別、教育レベル(学歴)を調整しても残ったんだそう。まあ睡眠時間が5時間のグループは全体の5%ほどしかいなかったのでどこまで当てはまるかは謎ではあるものの、28年間の調査して目立った変化がないのは個人的にも意外でした〜。

 

で、なんでこんな結果になったのか?については色々考えられることがありそうではあるものの、その中でも有力そうなのは

 

  • 脳のパフォーマンスって睡眠時間より睡眠の質が影響してるんじゃないか??

 

っていうことなんですよ。つまり7時間寝てることよりも「眠りにつくまで時間がかかってないか?」「熟睡できてるか?」「寝起きが良いか?」ってポイントが大事かもしれないってことで、実際に過去の研究だと脳の体積などは睡眠の時間ではなく質に影響を受けやすいという結果が出てるんだそう。この研究だと睡眠の質に関する項目は細かくチェックしてないので、確かにありえそうな話ではありそうですね。

 

でもって研究者曰く、

我々は28年間の5つの時点において、1晩の平均睡眠時間が5.4時間、6.2時間、7.0時間、7.9時間と報告したグループ間で、認知機能やMRIの測定値に差がないことを発見した。このような帰無的な結果は認知アウトカムに関する現在の睡眠ガイドラインの適合性に疑問を呈する可能性がある

とのことで、もちろん5時間以下の睡眠を続けてるような場合は別ですが、認知機能などを基準に考えると睡眠の質が高ければガイドラインの基準を下回る6時間程度の睡眠が続いても問題はないのかもしれません。

 

まあ観察研究の特性上、サンプル数を増やしたら結果が変わってくるとか、体重や運動習慣のような交絡因子を調整できてない部分もあります故にわからないことも多いですが、脳のパフォーマンス維持には睡眠時間よりも睡眠の質だ!っていうポイントは改めて抑えておくとよろしいのではないでしょうか。

 

睡眠の質の上げ方はこの辺の記事が参考になるかもしれません。

www.nasubihealthcare.com