Vitality Asset

何かと心配になりやすい元セラピストがメンタルヘルスについて考えるブログ

『親切な行動』はメイクにも負けないくらいその人の魅力を上げてくれるかも!っていう研究のお話です

f:id:nasubi-healthcare:20200903112719p:image

 

こんにちは、なすびです。( ˙꒳˙ )

 

今回は『ボランティアに参加すると見た目がよく見えるかも!』っていう話が面白かったのでまとめておこうと思います。

 

 

 

『親切な行動』は美容の一環である!

これは2020年にインディアナ大学が発表した研究になりまして、大規模な人口データセットを元に「与える行動と身体的な魅力」の関連について調べたもの。(P)

 

ちなみに使われたデータセット

 

 

といった、大規模なデータセットを3つ使いまして、『見た目の魅力と与える行動(ボランティアや愛情、親切)にどのような関連があるのか?』を調べてます。

 

まずこの研究にいたった背景的なところですが、研究者いわく、

詩人や哲学者は何世紀にもわたって、道徳的な美しさと肉体的な美しさの間に何らかの関係があると示唆してきた

とのことで、与える行動といった他者への貢献というのは昔から幸福感や自信、身体の健康さえも高めることに繋がることがわかってるんですけど、実は見た目といった部分にも良い影響があるかもしれない!ということで、今回の研究に発展したんだそう。確かにボランティアに参加する人はカッコよく見えたり、良い人たちなんだろうな〜という好印象はありますからね〜。

 

ということで足早ですが、そんな研究結果について見ていきますと、

 

  • 見た目が魅力的な人は与える行動に従事する可能性が高い
  • 与える行動をよくする人たちは、見た目が魅力的に見えると評価される可能性が高い

 

ということで、逆の因果関係が存在するものの与える行動をしてる人は他人から魅力的だと判断される可能性が高いんだそう。

 

しかも見た目を評価した参加者はその人がボランティア活動などに従事していることを知らないのにこのような結果が出てるので、普段から与える行動をしてると何らかの形で魅力が表に出るんだそうな。(「この人はボランティアをしてる!」とあらかじめ知らされると、それだけでイケメンや美女に感じるという『ハロー効果』を無くしてるのは研究としてのポイントも高くていい感じです。)

 

また年齢別に見てみても、

 

  • 高齢者を対象にした研究では、ボランティア活動や愛情といった与える行動をしてる人たちの方が見た目の魅力が高いと評価する傾向にあった
  • 若者を対象にした研究でもボランティア活動をしてる人たちの方が魅力が高いという評価をする傾向があった

 

とのこと。見た目を評価する側はその人がボランティア活動してるなんてことは知らないのに、見た目の魅力に現れるのは凄いもんですな〜。

 

で、ちなみになんで魅力的に感じるのか?についてはよく分からないみたいなんですけど、考えられるとすれば、

 

  • アンチエイジング効果:親切は体内の炎症レベルを下げて若々しさに繋がる(P)
  • 健康的に見えるから:健康的に見える人は魅力を感じるし、実際に親切な行動の多さは長寿に関連している(P)
  • 自信に満ち溢れて見えるから:他者に親切にするとメンタルが強くなる(P)

 

といった部分もあるのかなと。もしくはなんかしらのオーラを放ってるのかもしれませんが、とにかく与える行動をしてる人は見た目がよく見える!という結果は3つの研究で同じような傾向が出ているので、結果の信憑性としては中々高いのではないでしょうか。

 

 

 

で、最後にペンシルベニア大学の研究者であるサラ・コンラス氏が「ボランティアは美容の一環である!」みたいな主張が面白かったのでコメントを引用しますと、

人々は自分の容姿を改善するために美容製品や美容整形に多額のお金を費やしていますが、良いことをすることで内面の美しさを表面化させることができる可能性があります。

 

今回の調査結果は、美容製品や美容整形が個人の魅力を高める唯一の方法ではないことを示唆しています。

とのこと。

 

自分に似合った髪型やメイクを選んだするのはもちろんのこと、プラスアルファでボランティアといった与える行動を意識すると見た目からの魅力がさらに良くなるかもしれませんね〜。

 

これは好きな人に会う前は何かしら親切な行動を1つしてみるのもありなのではないでしょうか。( *¯ ꒳¯*)✨