Vitality Asset

何かと心配になりやすい元セラピストがメンタルヘルスについて考えるブログ

SNSはカップルの嫉妬を爆上げするのかしれないから、使い方に気をつけよう!っていう知見のお話です。

f:id:nasubi-healthcare:20200815163046p:image

 

こんにちは、なすびです。( ˙꒳˙ )

 

今回は『SNS』に関するお話でございます。

 

皆さんも『Twitter』『Facebook』『Instagram』など、何かしらSNSを使っていると思いますが、当ブログでは「SNSの使用は他人と自分を比較して凹む機会が増えるから使い方には気をつけよう!」なんてスタンスでいたりします。

 

過去の研究でもSNSの利用頻度が高いほどメンタルヘルスの悪化に関連があるので、その点を考えると1日30分くらいまでにしておくのがメンタルのためにはベストそうな感じなわけですね〜。

 

さて、そんなSNSはいかんせんメンタル面への影響が大きいって話なんですが、今回はFacebookといったSNSカップルの嫉妬を増加させるのではないか?について調べた研究が面白かったので、まとめておこうと思います。

 

 

 

Facebookでパートナーに対する嫉妬が増えてる

これは現在交際中である292名(女性230名)を対象にした調査になりまして、「Facebookの利用が恋愛感情や嫉妬心にどんな影響を与えるのか?」を調べたものです。(P)

 

調査のざっくりとした手順としては、

 

  1. まず参加者のFacebookのプロフィールや投稿内容などをチェック
  2. 恋愛感情の強さ、嫉妬心の強さをスケールを用いてチェック
  3. この二つに関係があるのかを分析してみる

 

といった流れで、Facebook内でパートナーについての投稿する人は投稿しない人に比べて恋愛感情や嫉妬心が強いか?ということについて調べてくれてました。ちなみに過去の研究だと「Facebook利用で嫉妬心が増す!」って結論になってたりするんですけど、今回はその辺についてより詳細に調べてくれた感じになってます。

 

で、早速結果を見ていくと、

 

  • Facebookでパートナーの情報を公開してる人の方が嫉妬心が強い
  • パートナーに対する恋愛感情も強い(愛情とか)

 

とのことで、パートナーについて投稿する人はしない人に比べて愛や嫉妬心が強い傾向にあったそうで、この結果は性別や交際期間の長さ、Facebookの利用頻度といった影響を与えそうな要素を調整しても残ったみたいです。

 

ちなみに「これってパートナーへの愛が強いほど嫉妬心も強くなるのでは?」と考える方もいると思うんですけど、この調査だとお互いはそこまで影響しあってなかったんだとか。

 

で、他にもわかったことがいくつかありまして、

 

  • Facebookカップル関係を公にすることはパートナー同士の絆を表す重要なステップであり、これはわたしたちの愛に隙がないことを示すと考えてた
  • カップル関係を公にするとみんな付き合ってることに気づくはずだと信じる傾向があった

 

とのことで、Facebookを他のライバルに取られないための牽制に使ってるところがあるかもしれないみたいなんですよね、、、。

 

でもってこれらは女性の方が強く意識していて、Facebookの情報に敏感なので、嫉妬心が増加しやすい傾向にあるんだそう。まぁ女性の方がSNSの情報を気にしてそうなイメージ確かにあるな〜。

 

 

 

なんで嫉妬心が増えてしまうのか??

でもって「なんでFacebookパートナの投稿をすることで嫉妬心が増えてしまうのか?」ってところなんですけど、

 

  1. パートナーが繋がっている人たちの情報が嫌でも目に入ってしまう(例:あの子とみんなで遊園地に行ったんだ〜、元お付き合いしてた人となんかやり取りしてるな〜)
  2. そもそも嫉妬心が強い人が、Facebookでパートナーの情報を公開するのかもしれない、、、

 

といったところが考えられそうな感じです。一つ目の方はなんとなくイメージがつくと思うんですけど、二つ目の方については研究者曰く、

この研究からFacebookカップルの団結を表現することは、パートナーとのセキュリティを強化し、ライバルからの脅威を減らすことができることがわかりました。

〈中略〉

嫉妬心が強い傾向にある人は、Facebook上で交際状況を公開し、不安感を軽減させるためにパートナーに公開することを求めるかもしれません。もしかしたら公開後に嫉妬心が減るかもしれませんが、このような公開はライバルからの身を守るには弱いと考える可能性もあるので、公開したとしても嫉妬心が以前と同じレベルに留まることも考えられる。

とのこと。

 

つまるところ、パートナーとの関係性を投稿することは自分のパートナーが他の人に取られないためのバリアみたいなものなので、「私も今日のデート内容投稿するから、あなたも投稿してね!」っていう人はパートナーが奪われることに怯えてる分、嫉妬心を抱きやすいのかもしれません。

 

もしこの要求にちょっと困ってる人は「この人は自分が他の人に取られるのが怖いのかな〜」って捉えるといいかもですね、、、。

 

また『Facebook』以外のSNSはどうなの?ってところなんですけど、一応別の研究だと『Snapchat』の方がカップル愛を見せるために使いたいって人が多いので『Facebook』より嫉妬を引き起こすぞ!なんて見解になってました。(P)『Instagram』とかだとわかんないですけど、同じように嫉妬心をブーストする可能性もあるかもですな〜。

 

まとめ

ということで、最後に「Facebookの利用で嫉妬心が強くなりやすい人はどんな人なのか?」ってことでまとめると、

 

  • 女性であること
  • Facebookを集中的に利用している人
  • パートナーに対して強い愛を持っている人
  • Facebookで交際状況を投稿してる人

 

だとより多くの嫉妬を経験しやすいという特徴がある!というポイントは抑えておくといいのではないでしょうか。

 

まあいかんせんハンガリー人を対象にしてるんで、日本人にどこまで当てはまるのかところではあるんですけど、この辺については、

 

  • パートナーの投稿にやきもちを焼いてしまい、いつも不安になってしまう人やパートナーに対して機嫌が悪くなっていると思ったらSNSの時間を制限する(やめてみるのもあり)
  • 嫉妬深い人と付き合いたくない!って人は、FacebookといったSNSにパートナーの情報を投稿していたかどうかをチェックしてみるといいかも

 

っていう使い方をしてみるといいかもですね〜(*¯ㅿ¯*;)