Vitality Asset

何かと心配になりやすい元セラピストがメンタルヘルスについて考えるブログ

【コロナ】「結局どんな人が重症化しやすいの?」新しいメタ分析が出たよー

f:id:nasubi-healthcare:20200430183515p:image

 

こんにちは、なすびです。

 

今回は『新型コロナに関する新しいメタ分析(科学的に信頼度が高い情報)』がおりましたので、まとめておこうと思います。

 

過去の段階で「高血圧の人が危ない」、「タバコは重症化の原因だ!」なんて研究が発表されていたものの、今回はその中でも質の高い研究をまとめて1つの結論を出してくれているので、今までのちょっとした総集編みたいな感じにはなるかと思います。

 

既に知っている情報もあるかもしれませんが、その辺も改めて確認が出来ればと思います。

 

改めて男性、高齢者の喫煙がかなりやばいかも、、、。

これは中国の知見になりまして、過去に行われた「新型コロナと重症化」に関する論文の中から質の高い13件の研究まとめたメタ分析になりまして、計3027人の患者を対象に「重症化している患者にどんな特徴があるのか?」を調べてくれた研究。(p)

 

患者は全て中国人なので人種に偏りがあったり、横断研究をまとめてるのでメタ分析にしては情報のあまり高くなかったりはしますが、なにせ貴重なメタ分析(これが恐らく2つ目)なんで、現状ではかなり参考にはなるかと思います。

 

ではまず重症化しやすい人の特徴を見ていくと、

 

  • 年齢が65歳以上:オッズ = 6.06
  • 喫煙してる:オッズ = 2.51
  • 男性であること:オッズ = 1.76

 

とのことでして、重症化してる人はそうでない人と比べて、これらが当てはまる人の割合が高いんだそう。

 

研究者いわくですが、

女性が男性と比べて自然免疫と適応免疫に重要な役割を果たすX染色体と性ホルモンの保護により、ウイルス感染にかかりにくいことがわかってます。加えて男性は喫煙や基礎疾患などの悪い生活習慣に関連する傾向にあるので、その結果重症または死亡患者の大多数は男性を占めていると考えられます。そして身体の免疫力は年齢とともに低下するので、高齢の患者は重篤な病気を発症したり、死亡する可能性が高くなります。よって患者が65歳を超えて喫煙している男性の場合、患者は重症または死亡のリスクが高くなります。

とのこと。

 

「高齢者は重症化しやすい!」という話は良く言われてましたけど、改めて危険であるとわかった感じですね。喫煙なんかも重症化の原因と指摘されてましたし、男性の方が感染症に弱いというところからもこのような結果になっているわけですね。なので、この3つが当てはまっている方はかなり重症化しやすいので、気をつけた方が良さそうです。

 

でもって「既存の疾患によっては重症化しやすい!」ということで、これも詳しく見ていくと、

 

  • 心血管疾患:オッズ = 5.19
  • 呼吸器疾患:オッズ = 5.15
  • 糖尿病:オッズ = 3.68
  • 高血圧:オッズ = 2.72

 

とのことで、特に呼吸器や心血管の病気を持っている人は重症化している人の割合が多かったんだそう。この結果は過去のメタ分析の結果とかなり一致しているので、なかなか信憑性の高い結果だと思っております。

 

そしてこの研究では13件中の4件に絞って「白血球の数のような検査指標との重症化リスクの関連」も細かく見てくれているんですけど、それによると

 

  • 白血球:オッズ = 0.30[WBC <4×10 9 per L]
  • 血清クレアチニン:オッズ = 5.30 [Cr≥133μmol/ L]
  • トランスアルミナーゼ:オッズ = 4.00[AST> 40U / L]
  • 心筋トロポニン:オッズ = 43.2[HS-cTnI> 28 pg / ml]
  • プロカルシトニン:重症化してる人はそうでない人に比べて数値が52%高い、オッズ = 43.24 [PCT> 0.5 ng / mL]、
  • LDH:重症化してる人はそうでない人に比べて数値が59%高い、オッズ = 43.24[LDH> 245U / L]
  • Dダイマー:重症化してる人はそうでない人に比べて数値が72%高い、オッズ = 43.24[D-dimer0.5mg / L]

 

とのことでして、個人的にこの中で一番違和感を感じるのが白血球の数値であります。

 

白血球は基本には免疫の強さを表しているんですけど、この研究だと軽症者の方が白血球が正常かそれ以下の人の割合が多かったんだそう。直感的には重症化している人の方が白血球が少ない人が多そうですけど、研究者いわく

重症化している人に白血球数が高い人の割合が多いのは、別の疾患の影響の可能性がある

とのこと。そもそも白血球は肺炎のような疾患にかっていたり、既存の疾患があると増える傾向にあるんですけど、すで別の病気にかかっているのが影響してるのではないかということみたいです。新型コロナはよくわからない多いですね、、、。

 

そしてその他の検査指標に関しては肝臓や腎臓、心臓の血管の状態に異常があると数値が高くなるような指標になるんですけど、これは直感通り、重症化してしまう人は数値が正常な値より高くなっている人が多いんだとか。(特にDダイマー)

 

また熱のような症状で見ると、重症化している人たちは、

 

  • 軽症の人たちよりも発熱を発症した割合が少なかった(オッズ = 0.56)
  • 息切れまたは呼吸困難の割合は重症者に多い(オッズ=4.16)

 

とのこと。

 

新型コロナの特徴的な症状に関しては過去に「味覚や嗅覚の異常が出る人は軽症で済むかもしれない」なんて話を書きましたが、熱が出るような人たちは比較的軽症で済んでいる人が多いんだそう。この辺の解釈には注意が必要ですけど、このように熱が出るような炎症反応あるってことは正常に免疫が機能してるから比較的軽症で済むのかもしれませんね。

 

ただ一方で息切れや呼吸困難の症状が出ている患者は重症化する可能性が高いとのことで、重症化を防ぐには血中酸素濃度とかを調べて方がいいんですかね〜。にしてもホント、コロナウイルスは謎が多すぎですな。( ˙-˙ )