Vitality Asset

不安症セラピストがメンタルヘルスについて考えるブログ

健康食品として大豆は嫌われて、納豆が好まれるのはなんで?

大豆は良くないけど、納豆だと良いのは何故?
f:id:nasubi-healthcare:20200120180557j:image

 

先日大豆について書いたのですが、ありがたいことにご質問をいただきましたので、この場を借りて答えさせていただこうかと思います。

 

大豆について色々と読ませていただきましたが、大豆より納豆の方がカラダに良いのは何故なんですか?

 

とのこと。「納豆についてもっと詳しく!」ということなのかなと思いましたので、今回はもう少し納豆について書いていこうと思います。

 

 

納豆の方が栄養価が高い

納豆がおすすめなのは普通の大豆と比べて、栄養価が高いからです。以下の表は納豆と大豆の栄養素を比較したものになりますが、ミネラル系の含有量は圧倒的に納豆の方が優れていたり。(納豆)(枝豆

 

f:id:nasubi-healthcare:20200120211454j:image

f:id:nasubi-healthcare:20200120204350j:image

 

英語表記で申し訳ないですが、ミネラルで言えば、

 

 

あたりは納豆の方がかなり優れている印象であります。

 

言わずもがな、ミネラルはカラダにとって非常に大事なので、ここに差があるのは大きいですな。

 

フィチン酸が含まれていない

ミネラルといった栄養素の吸収を阻害するフィチン酸ですが、納豆には含まれていないのがいいところですね。フィチン酸は不思議なもんで発酵させると消えてしまうみたいなんですね。(p)

 

そして大豆でタンパク質を補充するビーガンの方は、ミネラルやビタミンB12群が不足して貧血とか睡眠の質が悪くなったりしやすいんですけど、この辺の悪影響を心配しなくていいのは推奨ポイントです。(p)

 

腸内環境に良い

発酵食品が腸内環境に良いのは皆さんご存知かと。あまり詳しくは書きませんが、納豆菌が腸内の有用菌として働き、腸内環境の改善を助けてくれます。(p)安定したメンタルにも腸内環境は大事なので、納豆は食べておきたい食品ですね。

 

 

まとめ

以上が個人的に大豆より納豆の方がオススメできる理由になります。他にもメリットをあげるとしたら

 

  • 納豆が骨を強くしてくれそう(p)
  • 心臓に良いかも(p)

 

といったところでしょうか。

 

納豆はかなりの健康食品にはなりますが、かといって食べ過ぎはイソフラボンの取りすぎで甲状腺の機能を下げるかもしれないので、メリットを最大限に生かすなら1日1パックといったところでしょうか。

 

そんな感じで、以上が僕が納豆を推奨している理由になります!参考になりましたでしょうか(`・ω・´)