Vitality Asset

不安症セラピストがメンタルヘルスについて考えるブログ

【今飲んでるサプリ、本当に健康ですか?】改めて知っておきたい、サプリメントの選び方

こんにちわ、なすびです。

 

今日は正しいサプリメントの選び方について書いていきます!

 

テーマ

サプリメントは大半が無意味かもしれない、、、。

 

  • 『今飲んでいるサプリ』、本当に体にとってプラス?
  • カラダにプラスどころか、害があるかもしれないサプリ一覧
  • ラベルに書いてある成分入っている?
  • 「日本製なら大丈夫!」ってホント?
  • むしろサプリはアメリカ製の方がオススメです
  • まとめ

 

 

『今飲んでるそのサプリ』、本当に体にとってプラス? 

f:id:nasubi-healthcare:20191017113033j:image

 

人生100年時代!』なんてフレーズを耳にすることが増えましたが、皆さんの健康意識もますます高まってきているかと。そんなカラダの健康を手軽に保つ手段として用いられるのが、栄養補助食品やサプリメントの類だと思います。定番なところで言えば、青汁とかカロリーメイトみたいなやつですな。

 

僕自身も過去に青汁、カロリーメイトフルーツグラノーラは「なんて健康な食事なんだ!」と思ってムシャムシャ食べていましたが、カラダの調子に特に変化はなく、本当に健康に良いのか疑問を感じ始めました。色々調べた結果、これらは意味がない可能性が濃厚になったため、健康食品は完全に辞めてしたが、実際に「健康食品で健康になれるのか?」については、批判的な意見も多い印象かと。

 

サプリメントもジャンルとしては「食品」に位置づけられているので、お手軽な健康食品として使っている方も多いかと思いますが、いかんせん医薬品とかではないので、

 

販売や製造の規制がゆるいので、粗悪品も生まれやすい

効果があると示された研究結果が少ない

 

という問題点を抱えております。医薬品と比べたら安全性も効果も謎な部分が多いわけですな。

 

最近で言えばダイエットサプリで腹痛を訴えるニュースが耳に新しいですが、副作用のチェックが臨床試験でされていないのでこともあるので、「普段感じている不調は、実は今飲んでるサプリのせいだった!」なんてことも可能性としてあるわけなんです。恐ろしい限りですな(・・;)

 

そんなわけで唐突にはなりますが、今日は「改めて今飲んでるサプリは大丈夫なのか?」について確認をつつ、「これからどんなことを注意してサプリを選んでいけばいいのか?」について書いていきます。

 

 

カラダにプラスどころか、害があるかもしれないサプリ一覧

まずは近年の科学界で「カラダに良くないのでは?」と疑われているサプリたちをご紹介していきます。自分が今飲んでいるサプリが含まれていないかどうかを確認してみてくださいね。「なんで良くないのか?」という詳細については追い追い書いていきますので、お待ちくださいませ〜。

 

  1. カルシウム
  2. マルチビタミン
  3. ビタミンC
  4. βカロチン・ビタミンA
  5. フィッシュオイル(オメガ3)
  6. ビタミンE
  7. ビタミンB群

 

ここに書いてあるサプリメント「効果がない」ということに加えて、「むしろ害のある」可能性が指摘されているのでおすすめはしません。僕も何個かお世話になっているサプリがありましたが、すっかり辞めてしまいました。(´ー`)

 

 

ラベル通りの成分が入っている?

「意味のないサプリ」を頭の隅に置いてもらったところで、次に注意したいのがラベル通りの成分が入っているのかどうかです。簡単に言えば「ちゃんとパッケージに書いてある通りの成分が含まれているかどうか」と言うことになるのですが、この含有量が少ないとイマイチ効果が得られなかったりするので普通に損。ここはしっかりと意識しておきたいところですな。

 

「そもそもラベル通りの成分が入ってないことなんてあるの?」と思うかもしれませんが、これが結構多いです。特にフィッシュオイル系のサプリに多いのですが、

 

  • アメリカの研究によれば47種類中33種類がラベルに書いてある含有量より少なかった。(p)

 

と何だか笑えない結果が出ているわけです。

 

これはフィッシュオイルを例にしてますので、「全てのサプリがラベル通りの成分は入ってない!」とは言えないものの、一見信頼できそうなサプリでもラベル通り入っているとは限らないということなんですね。

 

 

「日本製なら大丈夫!」ってホント? 

こんなことを言うと「いや、これはアメリカだからダメなんだ!」、「日本製なら大丈夫!」なんて声が聞こえてきそうですが、サプリメントの品質に関してはアメリカの方が先に進んでいるのが辛いところ。

 

これは日本とアメリカの医療文化の違いが影響しております。日本は医療保険制度があるので医療費は最大3割負担済みますが、アメリカは医療保険制度がないので医療費は全額負担なわけです。そのためアメリカ人は病気の予防意識がすごく高いので、アメリカの責任栄養評議会(CRN)データによれば、75%の人がサプリメントを摂取しているとのこと。これだけたくさんの人が摂取するものなので製造側も責任重大なわけですな。(p)

 

んでもってそんな責任を果たすためにできたのが、「CGMP」という「適正製造規範」。ざっくり言えば、原料の受け入れ、製造、出荷までの全ての過程において、製品が「安全」に作られ「一定の品質」が保たれるように定められた規則になります。つまり店頭に並んでいるサプリメントはこの厳しい基準をクリアしたものが並んでいるということですね。(p)

 

そんな厳しい製造規則があるにもかかわらず、フィッシュオイルに関しては、ラベル通りの成分が入ってなかったり、何十倍も参加してたりするわけですから、それだけサプリメント作りは難しく、ちゃんとしたものも売られてなかったりすることがあるわけですね。ただ日本にはこのような製造規則自体がないため、アメリカより無法地帯が可能性が大。「日本製だから大丈夫!」と安易に購入するのは辞めた方が良さそうな感じであります。

 

 

むしろサプリはアメリカ製の方がオススメです

「じゃあどこのどんなサプリを買ったらいいのか?」という話になるかと思いますが、産地で言えばアメリカ製品の方がオススメです。先に書いた「CGMP」という厳しい基準があるので、日本と比べると安全性が高いものが多いかと。iHerbというアメリカのサプリメントを安く取り扱っているサイトがあるのですが、そこでいつも飲んでいるサプリを買ってみるのもいいかもしれません。アメリカ人向けなのでサイズはちょっと大きいですけどね。サイズ的にはこんな感じです、大きいですよね(笑)


f:id:nasubi-healthcare:20191017121959j:image

 

また個人的オススメなメーカはNOW FOODS社のサプリメントです。メーカーとは関係のない別の研究機関が、ラベル通りの成分が入っているのかチェックをした上で売られているので、客観性もあってコスパも非常にいい感じです。なので僕が今飲んでいるサプリメントも大半をNOW FOODSの商品で揃えてます。AmazonとかiHerbとかで販売してるので、今日本製のサプリを飲んでいる方は一度アメリカを試してみるのもいいでしょう。

 

 

 

 


まとめ

そんなわけでサプリについて色々書いてきました。さらっとまとめると

 

  • サプリメントは意外と効果がない可能性が高い
  • 特に上記7つは害が出る可能性が、安易な購入は避けるべし
  • サプリメントが必ずしも安全とは限らないし、ラベル通りの成分がはいっているのかは不明
  • サプリ製造に関してはアメリカと比べると、日本の方が無法地帯な可能性がある
  • アメリカ製の方が安全性が高い

 

みたいなところを抑えてもらえるといいかと。

 

サプリメントだから決して健康的なわけでもないし、かといって安全なわけでもないってことですな。特に上記した7つのサプリは意味のない可能性が大きい上に、害があるかもしれないので、個人的にお金をかけるのはもったいない印象であります。しかしながら、「全てのサプリメントが無意味!」ということが証明されたわけではないので、

 

  • とりあえず上記7つのサプリは辞めておく
  • それ以外を飲む場合は一旦アメリカ製を試してみる
  • 栄養素はなるべく食事で補う

 

みたいなところを気をつけてもらえるといいでしょう。

 

「時間がないからサプリメントを飲んでる」という人もいるかと思いますが、カルシウムとかに関しては牛乳や小魚、鯖缶みたいに、すでに出来上がっているもので代用する方法もあります。僕も「魚食べないとな〜」と思っても、めんどくさがりなので大体鯖缶で済ませます。天然のサプリメントと思って、食べてみてください!