Vitality Asset

不安症セラピストがメンタルヘルスについて考えるブログ

「甘いものはメンタルに良くない!」、「でも食べたい!」ときはどうすれば?

こんにちは、なすびです。

 

今日はメンタルヘルスを保つための甘い食べ物を書いていきまーす。

 

テーマ

甘いものがメンタル悪いのは知ってるけど、食べたいときはどうすれば?

 

  • 甘いものはメンタルに良くないし、食べてもホッとするわけではない
  • そんなこと言われても、甘いものは食べたくなるんだ!!
  • 比較的健康だと思う、甘いもの

 

甘いものはメンタルに良くないし、食べてもホッとするのは気のせいだ

f:id:nasubi-healthcare:20190722112713p:image

 

当ブログでは「甘いものは身体にもメンタルにも良くない」というスタンスでおります。実際に甘いものを食べると血糖値の変動で気分が悪くなったり疲労感が増してメンタルが悪化するようなデータもあるので、個人的にも甘いものはメンタル的にも良くないのかなと。(p)

 

「いや、甘いものを我慢するほうがメンタルに良くない!」「甘いものを食べるとホッとするんだ!」みたいな反論がありそうですが、甘いものを食べてホッとするのは気のせいみたいなデータもあるんですね。(p)

 

このデータだと、被験者の気分は甘いものを食べても食べなくても同じように気分が改善したんだそうな。つまり気分に関しては甘いものを食べなくても、時間が解決してくれるということみたいなんですな。

 

こんな感じで科学の世界では甘いものは悪者扱いなわけですね。まあ甘いものは比較的体内で炎症を起こしてしまうのでいろんな病気の原因にもなりますし、個人的にも納得いく感じであります。

 

 

そんなこと言われても、甘いものは食べたくなるんだ!!

データで甘いものを否定してきたものの、甘いものをついつい食べたくなってしまうのが僕ら人間なわけです。そもそも砂糖のような甘みというのは依存性が強いので我慢するのが難しいんですな。

 

僕は今も昔もお菓子大好き人間でして、こんなことをブログで書きつつもついつい甘い物をついつい食べちゃうんですね。「あ〜、メンタルに良くない〜」とか思いつつ、クッキーを頬張るわけです。(罪悪感)(´・ω・`)

 

個人にも甘いものを我慢するのは無理だと思っているので、出来るだけ身体の負担にならない甘いものをチョイスしていくのが、現実的だと思っています。

 

そんなわけで今回罪悪感がなく、食べられる甘いものをまとめていこうかと思います。

 

 

 

比較的健康だと思う甘いもの

 

フルーツ系

基本的にフルーツは食物繊維が豊富なため身体に良い甘味とされております。しかしながらドライフルーツやフルーツジュースにしてしまうと身体への負担が大きいことがわかっているのでお勧めしていません。基本は身加工を推奨します。

 

おすすめのフルーツ

 

・ブルーベリー

・イチゴ

・バナナ

・リンゴ

・マンゴー

 

なぜおすすめなのかについてはこちらを見て頂ければと思います。

 

 

ダークチョコレート

皆さんの中でも「チョコレートは体にいい!」みたいな話は聞いたことがあるかもしれません。

 

実際にイーストアングリア大学のメタ分析がよれば

チョコレートは高血圧の人の血圧を下げる効果がある!!

とのこと。(p)

 

どうやらこれはチョコレートに含まれるポリフェノールのようなフラボノイド系が、体にいい影響を与えているからみたいです。

 

しかしながらここで重要なのはチョコレートが体にいいわけではなく、カカオに含まれるポリフェノールが身体にいいという点です。なので体に良いチョコレートはカカオの含有量が高いものになります。

 

コンビニに売っているチョコレートに「カカオ成分〇〇%」みたいな記載があるかと思いますが、少なくともカカオが70%以上の物を買ってください。もしそれが書いていなくてわかりにくければ、成分表示を見て砂糖が一番前に書いてあるものは避けてください。成分標示の一番前に書いてある成分が一番多く含まれているので、砂糖が一番前に書いてあるチョコレートはとても砂糖が入っているということになります。

 

後は植物油脂が入ってないチョコレートメンタルヘルスのためにオススメしております。

 

なのでチョコレート選びのポイントとしては

 

  1. カカオ成分が少なくとも70%以上
  2. 成分表示を砂糖が一番前に来ていない(砂糖が少ない)
  3. 植物油脂が入っていない

 

ものを買ってもらえるといいと思います。

 

この2つを満たした商品は普通のチョコレートと比べると高くなりますが、そこは心と体の健康とトレードオフということで納得いただければと。

 

またコンビニでチマチマ買うと結構値が張るので、Amazonでまとめて買った方がやすいかなと思っています。ちなみに僕はAmazon派です。

 

また人によっては「カカオに重金属が含まれていないか?」を気にされる思いますが、ここまで考えてしまうとチョコレートがめちゃ高くなるので、今回は触れていきません(TT)

 

おすすめ

 

 

ヨーグルト

ヨーグルトが身体にいいのは周知の事実かと。具体的には死亡率の低下に貢献していたり、糖尿病のリスクを下げるとのデータも豊富なんですよね。(p)

または個人差は大きいもの、ヨーグルトを食べている人は痩せてる傾向にあるんだとか。この辺は腸内細菌の作用が関係してるんだと。(p)

 

チョコレートと同じように「砂糖の量には注意!!」ではありますが、比較的健康な甘味ではないかと思っております。同様に乳製品で言えば、牛乳もありかなと。

 

 

まとめ

今回は「甘いものはメンタルに良くないけど、我慢するのも辛いよね」というスタンスで書いてきました。なので大切なことは甘いものを食べないことではなく、甘いものどうチョイスするか?なのかなと。

 

甘味もなるべく上記の食品のように加工レベルが低いものを選んでもらえると、メンタルヘルス的にはいいかと思います。しかしながら上記の物ならいくら食べていいわけではないので、その点もご注意ください。甘いものは食べない方が体にいいことは事実でありますので、「どうしても食べたくなったら、これを食べよう!」くらいの位置付けでいいかと思います。

 

なんだか甘いものが食べたくなってきたので、ブルーベリーでも食べてきます。ではでは(。・ω・。)