Vitality Asset

不安症セラピストがメンタルヘルスについて考える

【前編】今は食べてないけど、過去に自分が「健康だ!!」と思って食べていた物リスト

こんにちは、なすびです。

 

今日は昔「健康だ!!」と思って食べてたけど、今は食べなくなった食品たちを紹介します。

 

テーマ

結局健康のためにはいろんな食品をまんべんなく食べるしかないのかも

 

 

  • 一応昔も健康意識が高いつもりだった
  • 健康だと思って食べてたけど、よくよく考えたらそうでもない食品たち
  • 玄米
  • フルーツグラノーラ
  • カロリーメイト
  • 野菜ジュース
  • 青汁
  • 豆乳

 

 

一応昔から健康意識は高いつもりだった

f:id:nasubi-healthcare:20190531120741p:image

 

今はメンタルヘルスを保つために過剰なほど健康に気を遣うようにようになりましたが、昔もそれなりに健康には気を使っているつもりでした。

 

例えばカップ麺は食べるんだけど、「それだけだと体に良くないかな〜」っと思って野菜ジュースを飲んだり、朝はフルーツグラノーラにしてみたいなど、自分が知っている範囲で健康には気を使っていたわけです。

 

んで、健康に対して特に敏感になりだしたのはここ1年のことでして、色々調べて自分なりにいろんな食品を試しました。しかしながら「この健康食品昔は食べてたけど、あんまり意味なかったかもなー」とか、「逆に体に良くないことしてたかもな」とか、「コスパ悪かったかもな」とか今となって思うところがあるわけです。

 

まあそんなわけで今日は過去に自分が健康だと思って食べていた食品たちを、振り返っていく感じの回でございます。

 

 

健康だと思って食べてたけど、よくよく考えたらそうでもないんじゃない?という食品たち

 

玄米

玄米が体にいいイメージは根強いかと思います。僕も以前は玄米最強!みたいなスタンスでいたのですが、今はそこまで体にいいわけでもないのではないかと思っております。

 

白米と比べれば栄養素は若干豊富なものの、懸念点がいくつかありまして、

 

フィチン酸が含まれている

ミネラルが豊富にもかかわらず、フィチン酸というミネラルの吸収を阻害する物質が入っているので、色々矛盾している感じ。(p,p)

 

同じような物質としてレクチンも含まれております。こいつは熱で消滅するものの、フィチン酸は加熱処理しても残ってしまうんですね。

 

フィチン酸は玄米かかわらず、全粒粉などの穀物類や豆類にも含まれておりますで、食べ過ぎると貧血になりやすいのでご注意ください。

 

・腸内を傷つけるかも

玄米に含まれる食物繊維が腸内の壁を傷つけるかもしれないのは割と有名な話。これは食べる頻度が多すぎたり、食べ過ぎなければそこまで心配する必要はなさそう。

 

・そこまで低GIじゃない

玄米の売りは白米と比べるとGI値が低いところでしょう。しかしながら数値を見てみると意外とそうでもないんですな。(p) 毎日食べていれば差は大きいのだと思いますが、そこまで売りにするほどの数値ではないのかなと。

 

・ちょっとヒ素が心配 

ちょっと心配なのが、ヒ素という自然界の重金属。これは穀物に含まれやすい重金属になりまして(p,p)、そんなヒ素が体内で多くなると癌や心臓病、2型糖尿病などの病気と関連があると言われております。(p,p,p)

 

んでもってアメリカの研究では、白米と比べると玄米のほうがヒ素が多いみたいなんですね。(p,p)

 

ただヒ素は玄米だけでなくいろんな穀物も影響を受けやすいので、玄米も食べ過ぎなければ問題ないかと思います。

 

 

そんなわけで玄米を腫れ物のように扱ってる感じになりましたが、完璧な食品なんてこの世にないので、何を食べるにもデメリットはあるわけでございます。

 

しかしながら白米と比べると血糖値の変動は確実に緩やかなので、血糖値が気になる方、あとは糖尿病の予防効果もあるので、ある程度年齢を重ねたら玄米がいいのかと。(p)

 

「昔は玄米が正義じゃ!」と思ってすごい食べてましたけど、玄米にもそれなりのデメリットもあるのね〜っと思って、白米に戻りました。まあどちらにもデメリットはあるので、どっちの悪いところを取るかという話になるのですが、僕の場合は血糖値よりもミネラルの吸収を優先した感じです。

 

ちなみに今のメイン糖質はサツマイモかジャガイモです。食物繊維も豊富でフィチン酸とかも入ってないので、レンジで蒸して食べてます。

 

 

フルーツグラノーラ

成分表示をみると、すごい数の栄養素が並んでいるので体にいいものかと思っていました。あとは全粒粉は健康なのかなと思っていたので、健康商品だと思ってムシャムシャ食べておりました。

 

こちらも玄米同様、懸念点はいくつかありまして、

 

・ドライフルーツがほぼ砂糖

ドライフルーツですが、水分を抜いてしまうとほぼ果糖の塊になってしまうんですね。

健康にいいイメージはあると思いますが、アスリートみたいにエネルギー消費量が激しい上に短時間でエネルギー摂取が必要な人以外は特に不要かと。

 

血糖値の上昇も激しいので、食べると疲労感の原因になる可能性が高めなんですよね。(p)

 

・そもそも全粒粉にそこまでメリットはない?

全粒粉というマジックワードに何かと惹かれがちではありますが、実はそんなに大したこともないんじゃない?と最近思っていたりします。

 

全粒粉系の食事は血糖値の変動を穏やかにするイメージはありますが、イスラエルの研究では全粒粉の食パンで血糖値が跳ね上がった人もいれば、普通のパンで血糖値が下がった人もいるんですな。(p)

 

それに全粒粉が体にいいと言う証拠が今のところないため、あまり全粒粉にお金をかけない方が無難かも(p)(効果がないことが確定したわけではありませんが、、、。)

 

・やっぱりミネラルの吸収が阻害されそう

玄米同様に穀物にはミネラルの吸収を阻害する成分が含まれております。実際に全粒粉パンを4ヶ月に渡って摂取した実験では、血液中の鉄分に減少がみられたんだとか。(p)

 

 

フルーツグラノーラも健康食品かなっと思ってましたが、今となっては体に悪いかもなーくらいのスタンスでおります。

 

長くなったので後編に回しまーす!