Vitality Asset

セラピストがメンタルヘルスについて考える

他人の幸福を祈ることは、メンタルにはいいらしい

こんにちは、なすびです!

 

前回はマインドフルネス瞑想について書いていきました。そんなマインドフルネス瞑想にも実は種類が色々あるのですが、今日は慈悲の瞑想について書いていこうと思います!

 

テーマ

宗教っぽいけど、他人のことを祈るとポジティブになるみたい。

 

  • 他人を祈るだけで、メンタルが回復するらしい
  • 一日12分でポジティブ思考が増加!
  • 他人を祈ると死亡率が33%下がる?

 

 

他人を祈るだけで、メンタルが回復するらしい


f:id:nasubi-healthcare:20190507093644j:image

マインドフルネス瞑想が不安や憂鬱感に効果があることは前回書いた通りです。そして「マインドフルな状態になれれば、呼吸に集中しなくてもいい」みたいなことも書きました!

 

具体的に食事に集中するのもいいし、歩くことに集中してもいいし、とにかく「今ここに集中している状態」を作れれば、マインドフルなわけであります。

 

そんなマインドフルネスにはいろんな種類があるわけなのですが、その中でも慈悲の瞑想というものが在りまして、こいつがメンタルになかなか効果的なんだと。

 

慈悲の瞑想ってどんなものかといいますと、身近な大切な人を想像しながら、以下の言葉をつぶやくだけ。

 

あなたは心と体を持っています。私と同じです。

 

気持ち、感情、自分の考えを持っています。私と同じです。

 

悲しんだりがっかりしたり、怒ったり、混乱することもあります。私と同じです。

 

肉体的、精神的な悩みを経験しています。私と同じです。

 

喜び、幸せ、愛を経験しています。私と同じです。

 

幸せになりたいと願っています。私と同じです。

 

あなたが幸せでありますように。

 

基本姿勢は前回の瞑想を参考にしていただければよさげです。

 

なんともスピリチュアルな感じで、なんか宗教ぽいな〜と思う次第でございます。

 

 

1日12分でポジティブな思考が増加!

スピリチュアル感満載の慈悲の瞑想ですが、意外とストレス解消効果はバカにならないっぽいです。 

 

・ポジティブな感情が増加!

慈悲の瞑想を9週間(週/80分)行った被験者は、ポジティブな思考が増加し、うつ状態が減少したとのこと!(p)

 

 

・迷走神経がリラックスする

ノースカロライナ大学の研究によれば、慈悲の瞑想で迷走神経の緊張が緩和されるとのこと。迷走神経とはお腹まで届いている脳神経の一つで、ここが過敏になっていると副交感神経がうまく働かないんだと。(p)

 

腸内環境が悪化がメンタル良くないゆえんは、迷走神経が関係してるみたいです。

 

 

・脳の灰白質が分厚くなる

瞑想ではおなじみの現象。慈悲の瞑想を5年間やっていた被験者は、脳の灰白質が分厚い傾向があったみたい。(p)

 

灰白質は感情のコントロールに欠かせないものになっておりまして、瞑想を行うと分厚くなる傾向がございます。

 

 

効果的には呼吸瞑想と変わりはないのかなという感じですね。

 

 

他人を祈ると死亡率が33%下がる?

なぜ他人を祈ることでメンタルが改善するのかについては諸説あります。

 

例えば

 

  • 他人への感謝で幸福感度がアップする(p)
  • 定期的に礼拝をする人はそうでない人と比べて、死亡率が33%も低く、抑うつ感も低かった。(p)

 

といった具合に、そもそも祈りであったり感謝の気持ちはあらゆる面でメンタルにいいっぽいんですよね。そこにさらに瞑想要素を加えて、効果倍増ってところなんでしょうか(笑)

 

そんなわけでなかなかメンタルに良さげなので、呼吸瞑想に飽きた人は慈悲の瞑想もお試しくだされ。

 

僕もたまにはやってみようかしら。