VitalityAsset〜生きる活力の蓄え方〜

Vtuberがメンタルヘルスについて考える

加工食品はなぜ太るのか?

こんにちは、なすびです。

 

「肥満もメンタルに良くないよ~」という話をしておりますが、そんな肥満の原因になる代表的なものが加工食品でございます。

 

デビット・カッツ先生の話でも触れましたが、加工食品を減らせば人は痩せていくのは間違いないでしょう。

 

今日は「なぜ加工食品が肥満の元凶のように扱われるのか?」について、書いていこうと思います。 

 

 

テーマ

加工食品は食欲を暴走させちゃうよ〜

 

 

加工食品が太る理由

  • 食欲が暴走する!
  • カロリーが高いのに満足度は低い
  • 加工食品に含まれる植物油脂が太る!
  • ホルモンの乱れにより満腹中枢がおかしくなる

 

食欲が暴走する!


f:id:nasubi-healthcare:20190309171737j:image

 

加工食品が太る理由の一つ目として、食欲の暴走があげられます。要はおいしすぎてついつい食べたくなっちゃうように出来ているということみたい。(p)

 

加工食品の歴史を詳細に書いたフードトラップという本を参考にすると、加工食品は「塩、脂肪、砂糖」を絶妙なバランスで配合して、中毒になるように作られてるんだと。

 

・砂糖

人が砂糖に快感を覚える適切な量を、実験心理学者のハワード・モスコウィッツ博士が見つけんたみたい。「至福点」と呼ばれていて、飲料など多くの加工食品に用いられているとのこと。70万部売れた健康本でも同じことが書かれていましたね。

 

・脂質 

砂糖より厄介な成分がこの脂質。砂糖の快楽には上限があるみたいだけど、脂質には上限がないらしい。脂質は無限に体が求め続けてしまうみたいなんですよね。

 

ちなみにディーン大学の研究によれば、高脂肪の食事を取ったグループは低脂肪のグループと比べると、摂取カロリーが60%も増えたみたい。(p)

 

うーん、脂肪の力は恐ろしいですな。

 

・塩 

砂糖や脂質と比べるとわかっていることが少ないみたい。ただどうやら人が求めてしまう味覚の一つとのこと。

 

同大学の研究でも、塩分の多い食事は塩分の少ない食事と比べると摂取カロリーが11%増えたみたい。

 

脂肪ほどではないものの、塩もカロリーの摂取量を増やしてしまうということですね。

 

 

満足度が低いものが多い

カロリーが高い割に満足度が低いのも、加工食品の特徴かと思います。特にソフトドリンクやスナック菓子、菓子パンは代表的な例でしょう。

 

以前「ソフトドリンクは肥満の原因だ!」というお話のときに食品満足度指数というものをご紹介しましたが、今回もこのデータを参考に満足の違いを見て行きましょう。(p)

 

この研究ではさまざまな食品を240kcal摂取したときに、食品によって満足度に差がどのくらいあるのかを調べたもの。

 

 

240kcalの食パンを食べたときの満腹度を100としたみたいで、結果はこんな感じ。


f:id:nasubi-healthcare:20190309170407j:image
f:id:nasubi-healthcare:20190309170431j:image

 

満腹度が高い順に並べてみると


f:id:nasubi-healthcare:20190309170512j:image

 

 

個人的にじゃがいも(323)とポテトチップス(91)の差がすごいなと思います。同じカロリーなのに満足度に差がありすぎますよね。パン類に満足度の低さにも注目したいところ。菓子パンを食べると太りやすい理由もなんとなく納得でございます。

 

もしダイエット中にポテトチップスが食べたくなったら、ゆでた芋の塩かけて食べたほうがカロリー的には良さげな感じですね。

 

 

 

植物油脂が太る!

スナック菓子、スーパーのお惣菜、菓子パン、ファーストフードなどの加工食品には植物油脂(ショートニングトランス脂肪酸、酸化したオメガ6)が含まれております。

 

これが直接太る原因になりまして、牛脂やラードなどの動物性油脂と比べると体重の変化量が明らかに違う

 

加工食品にはカロリーとは関係なく太りやすい成分が使われてるということみたいです。

 

 

ホルモンの乱れで、満腹にならない!

植物油脂に含まれる、トランス脂肪酸や酸化したオメガ6の影響で、満腹ホルモンであるレプチンの効きを悪くしてしまうみたい。

 

これはレプチン抵抗性と呼ばれる現象で、よりたくさん食べないと満腹が得られなくなってしまう。つまりカロリーの過剰摂取につながってしまうということですね。

 

植物油脂が細胞にダメージを与えて、満腹中枢がおかしくなっちゃうイメージをもってもらえれば大丈夫です。

 

レプチン抵抗性はあくまでも食べすぎによって起きる現象ではありますが、普段よく加工食品にお世話になる方は気をつけた方がいいでしょう。

 

 

まとめ

加工食品に関して色々書いてきました。加工食品が太る理由は以下の四つを抑えてもらえれば大丈夫そうです。

 

  • そもそも加工食品は、食欲が増すように作られている
  • 植物油脂が太る原因になる
  • 植物油脂で満腹中枢がやられる
  • 満腹度が低く、カロリーの過剰摂取になりやすい

 

主に食欲を暴走させるよう要素が多めですね。

 

ちなみに加工食品の太る要素を贅沢に使用した一品はポテトチップスです。

 

食欲が増すように作られているのはもちろんですが、何より植物油脂がめちゃめちゃ染み込んでる(笑) 薄っぺらい形状をしているので、一枚一枚がもはや植物油脂なんですよね。

 

そんなわけでダイエットを試みたい方はポテトチップスやスナック菓子の排除から始めてみるとよさそうです。

 

また植物油脂はメンタル不調の原因にもなるので、健康な精神状態を保つためにも加工食品は出来るだけ避けた方がいいでしょう。

 

勘違いしないで頂きたいのは、僕は「加工食品は食べるな!」といってるわけではなく、「食べすぎには気をつけましょうね」ということ。律儀に言いつけ守っていたら、コンビニの商品はほとんど食べれなくなってしまうので、忙しい人にはなかなか辛いと思います。

 

ただ健康のために加工食品を排除することにこしたことはないので、出来る方は是非やってみてください。

 

 

  参考文献

フードトラップ 食品に仕掛けられた至福の罠

フードトラップ 食品に仕掛けられた至福の罠