Vitality Asset

不安症セラピストがメンタルヘルスについて考える

メンタルの救世主!それはブルーベリーだ!

こんにちは、なすびです。

 

前回「メンタルにいい食品」について書きました。

 

そのときに「ベリー類がメンタルに良いかも!」と書いたのですが、「なんでベリーがメンタル改善に役立つのか?」については詳しくお伝えできませんでした。

 

そんなわけで今日はそのへんについて詳しくお伝えできればと思います。

 

 

テーマ

ベリーでメンタル不調の源を撃退しよう!

 

 

  • 酸化ストレスがうつ病の原因かも?
  • ポリフェノールでメンタルが改善するかも
  • 実はブルーベリーってとんでもなくすごいのでは、、、。
     

 

酸化ストレスがうつ病の原因かも?

当ブログではメンタルヘルスについて書いているわけなのですが、メンタルが不調になる原因は色々考えられるわけなんですよね。

 

「原因が多すぎて特定が難しい」と表現するのが正確なのかもしれませんが、メンタル不調の代表であるうつ病も、何が原因で発生するのかはイマイチ定まっていないみたい。

 

ただ有力な説はいくつかあって

などと言われております。

 

 

今回はこれ以外に考えられる有力な説として、酸化ストレスの存在を紹介したいと思います。

 

 

酸化ストレスとは何かと言いますと、活性酸素が原因で細胞同士が電子の奪い合いをしてしまうことでございます。

 

「ん?」って感じですよね笑

 

かなり分かりにくいと思うのでスラム街をイメージしてください。簡単に言えば、自分の財布を誰かにパクられたから、別の人から財布パクリ返すみたいな感じ。これをみんながやると財布の奪い合いが勃発して、大変なことにになりますよね。体内でも活性酸素という泥棒さんのせいで、細胞同士で電子の取り合いが発生し、体内の治安が悪くなってしまうんだとか。

 

「そんな体内治安の悪さがうつ病の原因なのでは?」という説がありまして、2015年の29件データをまとめたメタ分析では、うつ病の人ほど体内の酸化ストレスレベルが高かったとのこと。(p)

 

つまり「酸化ストレスがメンタルの不調を引き起こすのでは?」という説が出てきたわけですね。

 

 

研究者によれば

抗うつ薬うつ病が改善するのは、酸化ストレスが抑えられているからかもしれない。

と仮説を立てること。

 

 

どういうことかと言うと

 

うつ病の人は酸化ストレスのレベルが高い

うつ病が治ると、酸化ストレスのレベルが低下する

抗うつ薬うつ病が治るのは、薬で酸化ストレスが改善しているからでは?

 

ということらしい。

 

 

こうなると普段から酸化ストレスを減らすように心がければ、メンタルヘルスを保てるのでは?と考えるのは、わりと自然なことなのかなと思いますね。

 

 

 

ポリフェノールでメンタルが改善するかも
 

メンタル不調の源かもしれない酸化ストレスをどうにかしてくれるのが、抗酸化作用を持った食品でございます。読んで字のごとく、細胞の酸化を抑えてくれる物質になります。

 

抗酸化作用は先の例で言えば、財布をたくさん持っている富豪が財布を持っていない人々に財布を分け与えるイメージ。この人は財布を複数持っているので、財布を取られてしまった人々に分け与える余裕があります。よって体内の暴動が収まるということみたいですね。

 

亜鉛や尿酸など抗酸化作用を持つ物質はたくさんありますが、その中でも代表的なのはポリフェノールでしょう。

 

 

ポリフェノールを含んだ代表的な食品は

 

  • ベリー類
  • ココアパウダー
  • お茶
  • コーヒー
  • ナッツ類
  • オリーブオイル

 

などなど。

 

 

メンタルを改善する食品で紹介したものが、ちらほらありますね。

 

うつ病の患者は体内の抗酸化物質(亜鉛や尿酸)が少ないみたいなので、積極的に摂取して行きたいところではあります。(p)

 

またポリフェノールには体内の炎症反応を調節する効果もあるみたいなので、炎症対策という観点からも、ダブルでメンタルに効きそうな感じではあります。(p)

 

 

 

実はブルーベリーってとんでもなくすごいのでは、、、。


f:id:nasubi-healthcare:20190304102819j:image

 

抗酸化作用を持った食品の中でもおすすめなのがブルーベリーでございます。

 

ブルーベリーはポリフェノールの一種である、アントシアニンが含まれておりまして 、実験データも豊富。

 

1.酸化ダメージを負ったDNAを回復

6週間ブルーベリージュースを飲んだ被験者はDNAの酸化ダメージに強くなった。(p)

 

2.記憶力が良くなり、幸福度アップ!

12週間のブルーベリージュースを飲んだは高齢者グループは、記憶力がアップし、抑うつ感が減少したんだとか。(p)

 

3.体の老化を抑えられるかも

朝食後に75gのブルーベリーを摂取したグループはそうでないグループと比べて、体内の酸化レベルが減少していた。(p)

 

4.免疫力を上げてくれる

6週間毎日250gのブルーベリー摂取した被験者はNK細胞(ナチュラルキラー)が増加したとのこと。(p.p)

 

などなど臨床試験でもかなり効果が確認されている食材みたいですね。

 

 

研究によって使われているブルーベリーの量は異なりますが、1日60g〜100g程度食べてもらえるとブルーベリーの恩恵を受けることが出来そうです。

 

 

まとめ

長々とお話しましたが「最近メンタルが不調かも、、、」という人は、データが豊富なブルーベリーを食卓に加えてみると良いのでは無いでしょうか。

 

劇的にメンタルが良くなるわけでは無いと思いますが、酸化ストレスへの対策をすることでメンタルヘルスのサポートにはなると思います。

 

また酸化ストレスですがオメガ6の取り過ぎでも発生するので、油には気をつけたいところではあります。

 

安定した精神状態を保つためにも、やっぱり食べるものって大事なんだなと改めて感じますね。

 

【KIRKLAND】カークランド 冷凍ブルーベリー 2.27kg(冷凍食品)
 

 

 

  • メンタル不調の原因は酸化ストレスかも
  • 酸化ストレスを抑えるには、ポリフェノールが有効
  • まずはデータの多いブルーベリーから初めてみると良さそうです