Vitality Asset

不安症セラピストがメンタルヘルスについて考える

キング牛丼に挑んできましたが、、、

お久しぶりです、なすびです!

 

友人と旅行に行っていたので、久しぶりの投稿になります!

 

今日は前回書いた「もやし体型がフードファイトする」シリーズの第2回目です。

 

旅行の最中にそこそこフードファイトしてきたので、そのへんについて書いていこうと思います。

 

前回はすき家の高菜明太マヨ牛丼のメガサイズ(並盛り×3くらい)にチャレンジしましたが、意外とあっさり食べることができました。

 

これならキングサイズ(並盛り×6くらい)も食べれるんじゃないかなと思いまして、最近挑んでみた次第でございます。

 

果たして身長174cm、体重55kgのもやし男はキング牛丼を食べることができるのでしょうか。

 

 

テーマ

肉はほんとお腹溜まる

 

  • キング牛丼に挑みました!
  • いざ実食!
  • Youtuberはすごい

 

 

 

キング牛丼に挑戦してみました!

 

 

友人とすき家に来ました。店内に入り、早速注文!

 

店員さんに「キングサイズありますか?」と聞くと、唖然とした表情で「あ、あります!」と言われました。どうやらキングサイズを注文すると、店員さんは戸惑うようです。僕の体系的にもキング牛丼を頼みそうにないですからね笑

 

友人が頼んだ牛丼の大盛りは注文してからすぐに運ばれてきましたが、キングが運ばれてくるのにはかなり時間がかかりました。(それでも5分くらい)

 

「やっぱりキングサイズはわけが違うんだろうなー」とか、厨房で従業員が「やばいキングサイズきたぞ!」と騒いだりするのかなーっと想像していたら、キング牛丼がついにやってきました。

 

 

ドン!!!

 

f:id:nasubi-healthcare:20190217102127j:image

 

写真だと大きさは分かりにくいと思いますがかなりでかいです。こんなの食えるのか、、、。

 

 

ちなみ横からみるとこんな感じ。


f:id:nasubi-healthcare:20190217102253j:image

 

少し分かりにくいと思いますが、とにかく山盛りでございます。

 

 

食べる前に改めて牛丼のステータスを確認しておくと、

 

店:すき家

商品:高菜明太マヨ牛丼 キングサイズ

推定カロリー:3122kcal

となっています。 

 

 

3122kcalだと、、、。

 

 

 3122kcalを身近なもので換算すると

とかですかね。(超ざっくり)

 

 

成人男性が1日に必要なカロリーが約2000kcalなので、大幅にオーバーしております。しかも1食で、、、。


 いろんな意味で恐ろしいメニューにはなりますが、早速食べていきましょう。

 

 

いざ実食!

僕は1日1食〜2食なのもあり、とにかくお腹は空いていました。

なので牛丼が進む進む。

 

半分までは余裕で食べることが出来ました。

半分食べればメガサイズ(並の約3倍で1500kcal)を食べたことになります。

 

ただ問題はここから。

 

全体の65%を食べ終わったあたりから、満腹感が現れ始めました。

「これは食べ切れないかもしれない」という心境の中、箸で牛丼を運んでいきます。

 

全体の75%を食べたところで、肉を食べるのが苦しくなり、とりあえずご飯から食べていくプランに変更。全体の量を減らしていきます。

 

その後も味付けを変えたり、試行錯誤を重ねった結果キング牛丼はどうなったのかと言うと、、、

 

 

 

 


f:id:nasubi-healthcare:20190217104228j:image

 

 

食べきれませんでしたー!!

 

 

お肉を食べるのがどうしてもきつくてギブアップ。肉だけ残してしまった、、、。

ブログにも書きましたが、タンパク質の腹持ちは半端じゃないと実感したしだいでございます。

 

(※食べきれなかった肉は友人に食べてもらいましたので、ご安心ください。)

 

 

Youtuberはすごい

 

今回僕がキング牛丼を食べて思ったことは

 

  • 苦しそうにキング牛丼を食べきるYouTuberはなんだかんだ超すごい!
  • タンパク質は腹に溜まる!

 

日本のトップYouTuberの「はじめしゃちょー」は動画の中でよくキング牛丼を食べているのですが、あのほっそりとした体型でキング牛丼を食べるのはすごいなと改めて感じました。

 

今回の挑戦は初めてになるので、何回か挑めば食べれるようになるかもしれません。なのでこれからもキング牛丼を食べきる練習をしていきたいと思います。

 

それでは次回のフードファイトでお会いしましょう。