Vitality Asset

セラピストがメンタルヘルスについて考える

ストレスが溜まったら森へ行け!

 

こんにちわ、なすびです。

 

前回「メンタルを改善するための運動がいいよ!」みたいなことを書きました。

 

そのときに「自然の環境で運動するとさらにいいよ!」と自然のメリットについて少し触れていきましたので、今日はそのへんについて詳しく書いていきたいと思います!

 

テーマ

ストレスを感じたら森へ行こう!

 

  • 自然のリラックス効果がとにかくすごい!
  • 森を歩くと過去の失敗に囚われないという研究
  • 森に行くのが面倒は

 

 

自然のリラックス効果がとにかくすごい!


f:id:nasubi-healthcare:20190201140014j:image

自然が豊かな場所にいると気分が良いと思った経験は誰にでもあると思います。実はその感覚は間違いではなく、2016年のダービー大学の研究により、自然の環境に身を置くだけでも、メンタルに良い影響を及ぼすことがわかっております。( p)

 

これは過去に行なわれた「メンタルと自然」に関する、質の高い13件の研究を集めたメタ分析になっておりまして、合計871人分のデータを集めた、かなり信頼度の高い研究になっています。

 

この研究によれば

自然に身を置くことで、副交感神経が活発になり、確実にリラックスする!

とのこと。

 

集めた多くの実験データで同じような効果が確認されているので、科学的に見ても自然の力というのは凄まじいみたいです。

 

なぜリラックスするのかは諸説ありますが、有力なのがバイオフィリアという考え方でしょう。

 

人は6万年から7万年ほど、自然環境が豊富な狩猟採集社会での生活していました。なので人は細胞レベルで自然とのふれあいを求めているんじゃないか?という説です。

 

そんなご先祖の遺伝子を受け継いでいる僕らは、ビルがそびえ立つ都会の暮らしにストレスを感じているみたい。

 

実際に都心に住む人はメンタルが悪化しやすいというデータもあるみたいなので、日々の生活に自然と触れ合う時間を作ってもらえると良さそうでございます。

 

 

 

森を歩くと過去の失敗に囚われないという研究


f:id:nasubi-healthcare:20190201143439j:image
 

ウォーキングがメンタルに良い影響をあたえることは前回書いたとおりです。

 

そんなウォーキングなのですが、歩く場所によってはさらにメンタルの改善が期待できるみたいです。

 

これはスタンフォード大学で行なわれた実験で、38人男女を対象に行なわれたランダム比較化試験です。(p)

 

 

まず被験者を以下の2つのグループに分けました。

 

  • 自然が豊かな場所を歩く
  • 都会を歩く

 

どちらのグループも90分間のウォーキングを行いまして、都会や自然といった環境の違いがメンタルにどのような影響をあたえるのかを調べたみたいです。

 

 

実験の結果はというと

自然を歩いた参加者は反すう思考のレベルが低くなった。

とのこと。

 

反すう思考とは失敗した経験などを何度も考えてしまうという、メンタルヘルスを損ねる考え方のことで、その思考レベルが改善していたみたいです。

 

また

精神疾患のリスクに関連する脳の領域の神経活動の低下した

とのこと。

 

主に扁桃体などが挙げられますが、脳の活動レベルが弱まったことで、小さなストレスに気を取られなくなったみたい。森を歩くことで自分のストレスセンサーが鈍感になるようなイメージで大丈夫です。

 

僕はメンタルヘルスのために歩くことを進めておりますが、特に晴れた日の森を歩くことは最高のメンタルヘルスなのでは無いかと思います。

 

そんなわけで皆さん、歩くなら森がおすすめです。

 

 

 

森に行くのは面倒な方は


f:id:nasubi-healthcare:20190201204714j:image

 

森に行くのが面倒な方や、家の近くに自然が豊かな場所が無いという方もいると思います。

 

そんな方でも気軽にリラックス効果を得ることができるみたいなのでご紹介。

 

1.写真でも効果があるよ

46人の男女を対象とした実験では、都会の写真を見たグループよりも、自然の写真を見たグループのほうが、副交感神経が活発になったみたい(p)

 

スマホの待受を自然の写真にするだけでも効果が期待できるのでは無いでしょうか。

 

2.自然を音もいいよ

17名の男女を対象とした実験では、被験者に5分25秒間、人工音(車のエンジン音など)と自然音(風の音)を聴き比べてもらい、心身のリラックスレベルにどのような影響をもたらすのかを調べました。

 

研究結果のよれば、

副交感神経の活動が活発ではない人、つまりストレスが溜まっている人ほど、自然音でリラックス効果が得られたみたい。(p)

 

しかしストレスがそんなに溜まっていない人が自然音を聞いた場合、リラックスのレベルは下がるが、注意力や集中力が上がるかもしれないとのこと。

 

僕は勉強中波の音を聴いていますが、カフェなど少しガヤガヤした環境でも割と集中力を保てます。また満員電車などストレスフルな環境で自然音を聴くと気持ちがなごみます。

 

おすすめです!

 

3.観葉植物でもいいよ

ノルウェーのオフィスワーカー385人を対象にした研究では、職場に観葉植物を取り入れたことでストレスレベルが低下したり、病気よる休みが減ったり、生産性が僅かながら上がったとのこと。(p)

 

ポトスやツツジ、チャメドレアが育てやすいみたいなので、作業デスクに一つおいてみるところから初めてみると良いのでは無いでしょうか。

 

 

 

まとめ

 

森に行くのが一番効果がありそうなのですが、始めるのが難しい方は上記の3つからためしてみるのが良いと思います。

 

僕は近くの森があるので定期的に通うようにしています。鳥の鳴き声や風で木がゆれるおとなどがとてもリラックスできますよ。

 

ぜひお試しあれです!

 

 

  • とりあえず自然にはストレスを減らす効果が期待できる。
  • 森を歩くとなおメンタルには良さげ
  • スマホの壁紙や自然音から始めても効果がありそう
  • お部屋や机に一つは観葉植物があると良いかもしれません。

 

 

参考文献

最高の体調 ~進化医学のアプローチで、過去最高のコンディションを実現する方法~ (ACTIVE HEALTH 001)