Vitality Asset

セラピストがメンタルヘルスについて考える

ダイエットっていっぱいあるけど、何が一番効果的なの?

こんにちは、なすびです。

 

当ブログでは体内の炎症を減らして、メンタル整えよう!的なことを書いております。

 

これまでは体内で炎症が起こる7つの原因について書いてきました。これら阻止することでメンタルを改善していこうということでしたね。

 

今回は7つの原因の中でそこまで詳しくやらなかった、肥満について触れていこうと思います。

 

そもそも肥満は体内の炎症が原因で発生したりしますし、内臓脂肪が炎症物質をガンガン出してしまうみたいなんですね。(1)

 

つまり「肥満による炎症ってメンタル不調の原因になるのでは?」という見解から、肥満はどうにかしたほうが良さそう。

 

そんな肥満を治すためにダイエットと呼ばれる手段があるわけなのですが、いろんなダイエットがありますよね、、、。

 

糖質制限、マクロビ、地中海式、低脂肪、低GIダイエット、ベジタブルダイエット、パレオダイエットなどなど、もはや認識できないレベルでたくさんあるのではないでしょうか。

 

そんなわけで世の中にはたくさんのダイエットがあるわけなのですが、一番知りたいのって「どのダイエットが一番効果的なの?」ってことですよね。

 

ダイエットは数が多すぎて何が痩せるのかよくわからないという方や、糖質制限みたいに糖質の量を管理するが面倒な方は、今日のお話をぜひ参考にしてもらえればと思います。

 

テーマ

究極のダイエットとはなんなのか?

 

 

  • 一番効果的なダイエットってなんなの?
  • デビット・カッツ教授の論文
  • いろんなダイエットの痩せる共通点とは?
  • 細かい管理が面倒な方は

 

 

一番効果的なダイエットってなんなの?

f:id:nasubi-healthcare:20190122084827j:image

 

健康に関する調べものをすることが多いのですが、最近はダイエットの種類がやたら増えたなという印象。

 

本屋に行けば、糖質制限、マクロビ、グルテンフリーなど、いろんなダイエット本があるな〜と思います。

 

このように世の中にはさまざまなダイエットがあるわけなのですが、その中でも一番効果があるダイエットってどれなんだろうと個人的にちょっと気になったしだいでございます。

 

そんな中で面白い論文を出していたのが、予防医学センターで所長を務める、デビット・カッツ教授。

 

教授の論文では、「世の中いろんなダイエットがあるけど、共通して痩せる要因ってあるのか?」みたいなのを調べたみたい。個人的にもなかなか興味深い内容になっています。

 

研究者によれば

さまざまなダイエット法がお互いのメリットを競い合っています。いずれの方法も、それぞれに明確な違いを強調していますが、科学的な証拠をベースに考えると、どのダイエットも基本的なところでは重なり合っています。

とのこと。

 

 

博士の見解では、世の中いろんなダイエット方法があるけど、痩せる要因って基本的には同じなんじゃない?ということみたいですね。

 

この調査に使われた論文の数は167件と豊富でして、信頼度しては良さげな感じです。(2)

 

 

デビット・カッツ教授の論文

ここでは論文の比較対象となった、ダイエット達をご紹介します。

 

1.低炭水化物ダイエット

炭水化物の量を制限するよ

 

2.低脂肪ダイエット

脂肪の量を制限するよ

 

3.ベジタブルダイエット

野菜しかたべません。要するにベジタリアンですね。

 

4.低GIダイエット

血糖値が上がりにくい食品を食べる

 

5.地中海式ダイエット

オリーブオイル、野菜、果物、ナッツ、豆と豆類、乳製品、全粒穀物、魚や肉を中心に食べる。科学的に支持されていて、効果が高いダイエット。

 

6.バランスダイエット

活動するため最低限の食事をする。カロリーの過剰摂取が抑えられます。

 

7.パレオダイエット

狩猟採集民の生活に合わせて、肉や野菜がメインの食事をする。精製穀物はNG。

 

8.その他ダイエット

マクロビ、グルテンフリーなど

 

これらが調査の対象になりました。

 

 

いろんなダイエットの共通点とは?


f:id:nasubi-healthcare:20190122090757j:image

対象となったダイエットデータを解析して出た結論は主に3つ。

 

  1. 自然のままの素材で作られた、加工のレベルが低いものほどよい
  2. 野菜は多ければ多いほどよい
  3. 肉、魚、乳製品は動物たちの育て方によるということ

 

ざっくりと言えば、加工食品減らして、野菜増やせば痩せるよなってことですね。これがどのダイエットでも共通して痩せる要因になっているみたい。

 

個人的にも加工食品をの摂取を減らすことや、野菜の摂取を増やすことはかなり納得が行きますね。

 

割と当たり前なことを言われているだけな気もしますが、結論としては非常にシンプルになっております。

 

 

研究者はいわく

野菜を中心に未加工の食品をとること。

 

健康的な身体を維持するためには、それだけで十分です。

とのこと。

 

「そりゃそうでしょ!」って感じですな笑

 

 

 

ダイエットについて調べるのが面倒な方は

以上の見解から健康的な身体を維持するためのポイントは、「加工食品を減らして野菜増やそうぜ!」ってことみたい。

 

確かに加工食品の摂取量が減れば、肥満の原因になる、トランス脂肪酸オメガ6が減るという観点からもかなり納得ではあります。

 

もし世の中にあるダイエットのベースが、これに基づいているのであれば、カロリー計算とか、糖質の量の計算とか、何も面倒なことは考えず痩せることができそうですね。

 

まあお菓子とか揚げ物は控えて、お野菜がメインのシンプルなご飯が、ダイエットには一番ということでしょうか。

 

 

まとめ

  • 一つ一つのダイエットにはいろんなメリットがあるものの、ダイエットのベースになっている部分は基本的には同じ
  • 痩せるためのポイントは3つ
  • ①加工食品を減らす ②野菜を増やす ③肉などは育て方で変わる
  • ダイエットについて色々考えるのが面倒な方は、少なくとも①と②の原則にした食事を心がけるとよさそうです