VitalityAsset〜生きる活力の蓄え方〜

Vtuberがメンタルヘルスについて考える

油を変えて、メンタル回復!

こんにちは、なすびです!

 

僕のブログや生放送では「体内の炎症を抑えて、落ち込みやすいメンタルを回復していこうね」みたいなことをやっています!

 

前回は体内で炎症が起きる7つの原因について述べていきました。

 

1つ目の加工食品の取り過ぎ!って項目でトランス脂肪酸の害についてはお話しましたが、オメガ6脂肪酸についてはお話できていなかったで、今日はその辺についてのお話し!

 

テーマ

オメガ6もメンタルを蝕むでー

 

おしながき

  • オメガ6脂肪酸とは?
  • 含まれている食品
  • メンタル以外にも悪影響が、、、
  • オメガ6じゃなくてオメガ3に!
  • 油を変えてメンタル回復!

 

オメガ6脂肪酸とは?

オメガ6脂肪酸とは必須アミノ酸の一種で、身体に必要な脂肪酸の一つ。ただ体内で欠乏するのは珍しく、現代に追いては取りすぎが指摘されている。食用油に多く含まれる物質で、外食やコンビニ弁当などが中心の方は取りすぎている可能性があります。

 

必須アミノ酸であるにも関わらず、身体への害が指摘されているのは、オメガ6脂肪酸が酸化しやすいという点にある。(1)

 

酸化したオメガ6が体内に入れば、酸化が促進され体内で炎症が発生。この炎症がメンタルに悪影響を及ぼす可能性があるわけです。

 

また統計によれば、オメガ6脂肪酸の消費量と自殺率がキレイに相関していたのだとか、、、。(2)

 

オメガ6を多く取るほど、自殺率が高いということですね。ただこれは相関関係なので、オメガ6が自殺の原因になっていると、決めつけられるわけではないのですが、油断はできないところですね。

 

個人的には体内で炎症が起きる点と、統計的な結果からもメンタルへの悪影響は否定できないと思っております。

 

 

含まれている食品

オメガ6脂肪酸が含まれるのは、主に以下のような植物油。

 

  • 菜種油
  • キャノーラ油
  • 大豆油
  • コーン油
  • サフラワー油など

 

これらの油は店頭に並べられている時点で、酸化している可能性が高いので、下手に手を出さないほうが良さそう。また工場で加熱処理する過程で トランス脂肪酸が生まれている可能性があることも注意したいところですね。

 

上記の油を使いがちなスーパーのお惣菜とか、コンビニ飯、チェーン店のレストランは避けたほうが良さそうですね。

 

ここで注意したいのがオメガ6自体は悪者ではないという点です。身体に悪いのは植物油のような酸化したオメガ6であることに注意が必要です。クルミにもオメガ6が含まれていますが、クルミは研究結果からもメリットが多く確認されているので大丈夫です。

 

 

メンタル以外にも悪影響が、、、

オメガ6脂肪酸の過剰摂取はメンタル以外にも影響を及ぼすみたいです。

 

1.純粋に太る

マウス実験によれば、サフラワー油を摂取し続けたマウスは、牛脂を摂取し続けたマウスと比べて12%も体重が増加したみたい。(3)

 

また782人の男性を対象に行われた実験では、飽和脂肪酸を5年間摂取したグループと、オメガ6を摂取した5年間摂取したグループを比較した結果、オメガ6を摂取したグループのほうが5%ほど体脂肪が増えていたとのこと。(4)

 

オメガ6は糖質と組み合わせると、脂肪の生成が促進されるみたいなので気をつけたほうが良さそうです。(5)

 

2.肝臓がパニック

肝臓は栄養素の貯蔵庫的な役割をしていて、ここに異常が発生するとエネルギーが供給できなくなってしまします。ガソリンタンクに穴が空いたら車は走れませんよね。

 

コーン油を与えられたマウスとココナッツオイルが与えられたマウス肝臓を比較してた動物実験では、コーン油が与えられたマウスの方は肝臓病が激増していました。(6)

 

 

3.アレルギーが悪化

オメガ6は体内で炎症を起こすため、免疫細胞が過剰反応してしまいます。

 

 

4.がんが悪化する

マウス実験によれば、リノール酸を摂取し続けたマウスは、がんの転移スピードが4倍になったとの報告もある。(7)

 

 

 

 

オメガ6じゃなくてオメガ3に!

f:id:nasubi-healthcare:20190109153857j:image

 

オメガが6じゃなくて3になるとメンタルに良い影響を及ぼすことが、中國醫藥大(台湾の大学です)の研究でわかっています。(8)

 

これはオメガ3に関する質の高い臨床試験を19件集めたもので、不安に悩んでいる2240名のデータを集めたメタ分析になっています。

 

 

結果はどうだったかいうと

オメガ3で不安症状は改善するとのこと!

 

 

オメガ3がメンタルに与える影響をまとめた実験はまだ少ないみたいなのですが、何らかの形でメンタルに良い影響を与えるのは間違いなさそう。

 

ただ注意したいのが、この実験で服用していたオメガ3はかなり高品質なサプリみたいなもので、市販の低品質なものと比べては行けいないということ。DHAEPAなどのオメガ3は青魚で取りましょうねと言うことです。

 

油を変えてメンタル回復!

以上の話から、オメガ6の油を減らして、オメガ3の油を増やすことが、メンタル改善の近道なのではないでしょうか。

 

米国による疫学研究では、オメガ3消費量の減少とうつ病の増加が相関しているとの報告もあるのでオメガ3は積極的に増やしていきたい。(9)

 

僕も就活してたときはお菓子をガンガン食ってたので、知らないうちにオメガ6やトランス脂肪酸を体内に取り込んでいました。今思えば恐ろしい限りでございますね。もちろんオメガ3なんてものの存在を知る由もありませんでした。今は定期的にサバ缶とか食べたりしてますね。

 

研究結果からも油を変えることが、メンタル改善の一歩を踏み出すことができると思いますので、生きる活力がほしい方はぜひ試してみてはいかがでしょうかー。

 

まとめ

  • オメガ6の取り過ぎは炎症の原因
  • 炎症によりメンタルに異常が起きる
  • 外食、コンビニ飯などはなるべく控える
  • オメガ3ならメンタルに良さそう
  • オメガ6をオメガ3に変えていこう!

 

 

参考文献

(1)

Life and death: metabolic rate, membrane composition, and life span of animals. - PubMed - NCBI

(2)

Increasing homicide rates and linoleic acid consumption among five Western countries, 1961-2000. - PubMed - NCBI

(3)

Dietary Lipid Profile Is a Determinant of Tissue Phospholipid Fatty Acid Composition and Rate of Weight Gain in Rats | The Journal of Nutrition | Oxford Academic

(4)

Composition of lipids in human serum and adipose tissue during prolonged feeding of a diet high in unsaturated fat. - PubMed - NCBI

(5)

cAMP-dependent signaling regulates the adipogenic effect of n-6 polyunsaturated fatty acids. - PubMed - NCBI

(6)

Dietary saturated fatty acids: a novel treatment for alcoholic liver disease. - PubMed - NCBI

(7)

Coherent anti-Stokes Raman scattering imaging of lipids in cancer metastasis. - PubMed - NCBI

(8) 

https://jamanetwork.com/journals/jamanetworkopen/fullarticle/2702216

(9)

Dietary polyunsaturated fatty acids and depression: when cholesterol does not satisfy | The American Journal of Clinical Nutrition | Oxford Academic