Vitality Asset

不安症セラピストがメンタルヘルスについて考える

メンタルを改善するには、まずは油から変えよう!

こんにちは、なすびです!

 

僕のブログでは「体内の炎症を減らして、落ち込みやすいメンタルを改善していこう」みたいなことを書いています。

 

前回は体内で炎症が起きる7つの原因について書きました。特に加工食品の取り過ぎが炎症を起こし、メンタル不調の原因になるかもしれないということでしたね。

 

その際加工食品に含まれるトランス脂肪酸の害についてはお話しましたが、オメガ6脂肪酸については詳しくお話できなかったので、今日はそのへんについて書いていこうと思います。

 

テーマ

植物油脂でメンタルがやられるよ

 

おしながき

  • オメガ6脂肪酸とは?
  • 植物油脂は出来るだけ避けよう
  • メンタル以外にも悪影響が、、、
  • オメガ6じゃなくてオメガ3に!
  • 油を変えてメンタル回復!

 

 

オメガ6脂肪酸とは?

オメガ6脂肪酸とは必須アミノ酸の一種。身体に必要な脂肪酸の一つであるものの、現代では欠乏するのは珍しく、むしろ取りすぎが指摘されている成分でございます。植物油脂などの食用油に多く含まれる物質で、チェーン店での外食やコンビニ弁当などが中心の方は取りすぎている可能性があるんですな。

 

なぜ必須アミノ酸であるにも関わらず、身体への害が指摘されているのかといいますと、オメガ6脂肪酸が酸化しやすいという点にみたい。(1)

 

酸化したオメガ6が体内に入ると細胞にとってダメージとなるため、体内で酸化ストレス炎症が発生してしまうんですな。このダメージがメンタルに悪影響を及ぼすと考えられております。実際にアメリカの統計によれば、オメガ6脂肪酸の消費量と自殺率がキレイに相関していたみたいなんですね。(2)

 

つまりオメガ6を消費量が多い地域は、自殺率が高いということですね。これは相関関係なので、「オメガ6が自殺の原因だ!」とは言えないものの、メンタルへの悪影響は油断できないところであります。

 

 

植物油脂には出来るだけ避けよう

 

さてオメガ6脂肪酸が含まれるのは、主に以下のような植物油脂になります。

 

  • 菜種油
  • キャノーラ油
  • 大豆油
  • コーン油
  • サフラワー油

 

など

 

これらの油は生成過程でめちゃめちゃ加熱処理をしているので、店頭に並べられている時点で酸化している可能性が高め。こいつを使って調理した食品を食べると、体にとってダメージになってしまうんで下手に手を出さないほうが良さそうであります。

 

また工場で加熱処理する過程で トランス脂肪酸が生まれている可能性があることも注意したいところですね。

 

上記の油を使いがちなお菓子、スーパーのお惣菜、コンビニ飯、チェーン店のレストランといった食品はメンタルのためにも避けたほうが良さそう。たまにであればいいものの、毎日のように食べていれば、数年後のダメージは計り知れないものになっているかと思います、、、。

 

 

メンタル以外にも悪影響が、、、

オメガ6脂肪酸の過剰摂取はメンタル以外にも影響を及ぼすみたいなので、注意したいところ。

 

1.純粋に太る

サフラワー油を摂取し続けたマウスは、牛脂を摂取し続けたマウスと比べて12%も体重が増加したみたい。(3)

 

人を対象とした研究もありまして、782人の男性を対象に行われた実験でも、飽和脂肪酸を摂取したグループとオメガ6を摂取したグループを比べたところ、オメガ6を摂取したグループは5%ほど体脂肪が増えていたとのこと。(4)

 

要するにパーム油やラード、ギー、牛脂といった飽和脂肪酸と比べて、植物性油脂は太りやすいんだと。またオメガ6は糖質と組み合わせると、脂肪の生成が促進されるみたいなので気をつけたほうが良さそうです。(5)

 

2.肝臓がパニック

コーン油を摂取したマウスとココナッツオイルを摂取したマウスの肝臓を比較してた動物実験では、コーン油が与えられたマウスの方は肝臓病が激増していたとのこと(6)

 

肝臓はエネルギータングの役割をしていて、ここに異常が発生すると体内にエネルギーが供給できなくなってしまうんですね。ガソリンタンクに穴が空いた車は確実に走れないのと同じで、人間にとっても肝臓は大事な臓器なので、なんとしても守りたいところであります。

 

 

3.アレルギーが悪化

オメガ6は体内で炎症を起こすため、免疫細胞にもダメージが入ると。よって免疫細胞の過剰反応に繋がり、アレルギーが悪化するんだとか。

 

 

4.がんが悪化する

マウス実験によれば、リノール酸を摂取し続けたマウスは、がんの転移スピードが4倍になったとのこと。(7)

 

 

オメガ6 はメンタル以外にも様々な悪影響が指摘されているみたいですな。

 

 

 

オメガ6じゃなくてオメガ3に!

f:id:nasubi-healthcare:20190109153857j:image

 

オメガ6じゃなくてオメガ3になるとメンタルに良い影響を及ぼすことが、中國醫藥大の研究でわかっております。(8)オメガ3とは何かと言いますと、主に魚に含まれる脂肪酸のことで何かと体にいいと評判なんですね。DHAとかEPAとか聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

んでもってこの研究はオメガ3に関する質の高い臨床試験を19件集めたもので、不安に悩んでいる2240名のデータを集めたメタ分析となっております。この研究はオメガ3が不安をどれだけ解消するか調べた実験になりまして、結果はどうだったかいうと

 

オメガ3サプリで不安症状は改善する!

 

とのこと。

 

なんでオメガ3でメンタルが改善したのかと言いますと、脳が正常に機能するためにオメガ3が欠かせないからなんだと。逆に不足してしまうと脳が正常に機能せず、不安や憂鬱感といった感情に襲われやすくなるんだそうな。

 

この研究だけでは「オメガ3がメンタルにいい影響を与える!」と断言は出来ないものの、脳に良い影響を与えることは間違いないので、安定したメンタルを保つために定期的に補充をしたいところ。

 

具体的な補充方法としては

 

  • 魚(サバ、サーモン、いわしなど)
  • サプリ(※低品質なものが多いのでできれば魚で)

 

があるかと。

 

この実験ではオメガ3サプリで不安が改善しておりますが、とても高品質なサプリみたいなで安易に市販の低品質なものは危険でそう。オメガ3も酸化に弱い物質なので、オメガ3は青魚で取る方が安全だと思われます。

 

 

油を変えてメンタル回復!

以上の話から、オメガ6を減らしてオメガ3の油を増やすことが、メンタル改善の近道かと思われます。米国による疫学研究では、オメガ3消費量の減少とうつ病の増加が相関しているとの報告もあるので、これからはオメガ3は積極的に増やしていきたいところ。(9)

 

僕も昔はお菓子をガンガン食ってたので、知らないうちにオメガ6やトランス脂肪酸を体内に取り込んでいました。今思えば恐ろしいことをしていましたし、メンタルが不安が悪化しやすかったのも当然なのかと。もちろんオメガ3なんてものの存在を知る由もありませんでした、、、。

 

しかしながら今一度注意しておきたいのはオメガ6自体は悪者ではなく、身体に悪いのはあくまでも植物油のような酸化したオメガ6であることです。クルミにもオメガ6が含まれていますが、自然由来のものであれば酸化はしにくいみたいです。

 

とにかく研究結果からも油を変えることが、メンタル改善の一歩になることは間違いないと思うので踏、メンタルヘルスを保ちたい方はぜひ油を変えることから心がけてみてください。

 

まとめ

  • オメガ6の取り過ぎは体のダメージになり、炎症が発生!
  • 炎症によりメンタルが悪化する!
  • 外食、コンビニ飯などはなるべく控える
  • 魚のようなオメガ3はメンタルに良さそう
  • オメガ6をオメガ3に変えていこう!