VitalityAsset〜生きる活力の蓄え方〜

Vtuberがメンタルヘルスについて考える

メンタル不調を改善するには炎症を抑えるしかない!

 

こんにちは、なすびです!

 

改めて僕のブログや放送の配信内容をお伝えしておくと、体内の炎症を抑えることでメンタルの状態を改善していこう!という方針でやっていきます。

 

そんなわけで今日は改めては炎症についてお話します!ちょっと内容が硬いかもしれませんが、ご了承くださーい!

 

テーマ

体内の炎症を減らせば、心が元気になるよー

 

 

目次

・炎症ってなんでしょう?
・メンタルが不調になるのは炎症のせいかも
・炎症が起こる原因 主に7つ

 

 

 

炎症ってなんでしょう?


f:id:nasubi-healthcare:20190107151300j:image

 

以前少しだけ炎症について触れましたが今回改めて説明させていただくと、炎症とは身体を守るための防御反応みたいなものです。

 

例えば膝を擦りむいて皮膚が赤くなる。

また風邪を引いて、喉が赤くなるような身体の反応は、免疫細胞がウイルスと戦いを繰り広げている証拠です。

 

また風邪を引いて熱を出すのもウイルスをやっつけようとする立派な炎症反応の一つですが、このような炎症が起きると体内の正常な機能を保てなくなってしまうのがまた問題。熱を出すと身体がだるくなったり、頭がボートしたりしますよね。

 

これをわかりやすい炎症だとすると、メンタルを蝕むのはわかりにくい炎症です。

 

別の言い方をすると慢性的な炎症となりますが、分かりにくい炎症とは「なんとなく疲れが取れない、身体が重い、すぐ疲れる」とか「なんとなく憂鬱で不安」といった症状を引き起こします。

 

これは免疫細胞が働きっぱなしで疲弊してたり、免疫細胞がウイルスを敏感になりすぎて、ウイルスもろとも身体を攻撃してしまうために起こる現象と言われています。

 

「味方もろともやっつけたるー」みたいな感じなんだと思います。

 

どうやら不安感や憂鬱感などのメンタル不調はこの慢性的な炎症によって起きている可能性が示唆されるようになってきました。

 

 

メンタル不調になるのは炎症のせいかも


f:id:nasubi-healthcare:20190107151435j:image

 

不安障害やうつ病と言った精神的な病気は、脳内の神経伝達物質である、ドーパミン(期待や興奮)やセロトニン(精神を安定させる)、ノルアドレナリン(活動意欲)などの分泌量が低下しているのが原因ではないかと言われていました。

 

うつ病や不安障害の治療のために、これらの神経伝達物質の量を増やしたりする抗精神病薬が処方されるのはこのためです。

 

しかしうつ病や不安障害の患者の中でも、抗精神病薬が効かない人がいたり、人よりセロトニンの分泌呂が多いのにうつ病になったり、セロトニンが少なくても元気に過ごしている人もいるということで、メンタル不調は脳内の神経伝達物質量では説明できなくなってきている現状があります。(1)

 

近年の研究でメンタル不調の原因は神経伝達物質が原因ではなく、体内の炎症レベルが高いとメンタル不調になりやすくなるのではないかという見解から、メンタル不調は体内の炎症を抑えるのが効果的なのではないかという話になってきています。(2)

 

実際にうつ病患者の脳内では炎症性サイトカイン(IL-1やIL-6、TNF-α)という炎症物質が多いことが、研究で明らかになっています。

 

炎症物質がメンタルの不調のすべてを説明できるわけではありませんが、これらの炎症物質を体内から取り除いていくことが、心の健康を保つためにも重要である可能性は大いにあります。

 

 

炎症が起こる原因 主に7つ

ここでは炎症の原因となる要因を7つ上げていきます。

 

1.加工食品の食べすぎ

 

以前フライドポテトの話をしたときに、トランス脂肪酸の話をさせていただきました。

トランス脂肪酸に限らず、 オメガ6脂肪酸の植物油が多く含まれる加工食品は体内で炎症を起こすため、できるだけ避けたほうが良いでしょう。(3)

 

2.グルテンの取りすぎ

グルテンはどうやら体内で異物として扱われるらしく、免疫細胞が敏感に反応しちゃうんだとか。結果体内でバトルが始まり、腹痛、膨腹感、下痢などの炎症を起こしてしまう。( 4.5)

セリアック病でもなく、胃や腸に異常のない患者でも、何らかの以上を起こしてしまうと研究では示唆されています。人によっては頭がぼーっとするみたいですよ。


3.腸内環境の悪化

腸内環境が悪化すると、腸からウイルスが入りやすくなり、体内で炎症を起こします。食物繊維の摂取が足りていないと、腸からウイルスが入るのを防いでくれる酪酸という脂肪酸が作れないため、ウイルスの侵入を許してしまいます。また腸内細菌の種類が少ことも、体内にウイルスをまねく要因になるので、腸内細菌が含まれる、ヨーグルトや味噌、キムチなどの食品を積極的に取っていきたいですね。また乳化剤などの食品添加物は腸内で炎症を起こすので避けたいところ。(6)

 

敵軍から自国を守るには、酪酸という城壁を食物繊維で作り、腸内細菌という兵隊を増やす必要があるわけですね。

 

4.糖質の取りすぎ

糖質の取り過ぎても、TNF-αやIL-6などの炎症性物質が発生。体内の血糖値を下げるためにインスリンが分泌されるのですが、その際に体内を傷つけることに、、、。

 

 

5.慢性的なストレス

一時的なストレスであれば大丈夫みたいなんですけど、慢性的なストレスになると話が変わってくるみたい。コルチゾールというストレスホルモンが慢性的に分泌されると、脳内で炎症を起こします。(7)慢性的なストレスは感情的なストレスが主な原因になります。

 

 

6.睡眠不足

以前ブログにも書きましたが、睡眠不足で体内の炎症物質が増えるのは研究でも明らか。(8)また精神障害の8割が睡眠障害いう点からもかなり納得ができますね。

 

 

7.運動不足

運動不足でも、体内の炎症レベルが増加するという研究があるほど。(9)運動すると気分が良くなるのは、脳内の炎症が改善されているからかもしれません。

 

 

まとめ

  • メンタル不調の原因は体内の炎症である可能性が高め
  • 分かりにくい炎症に注意しましょう
  • 炎症の原因である7つを改善していこう!

 

 

今メンタルの不調を感じる人は、上記の7つから一つずつ始めてみると良いのではないでしょうか。

 

これらの炎症要因を取り除くと、集中力の向上や生産性のアップ肥満の解消、免疫力のアップにもつながるので、メンタル目的でなくても実行してみると良いのではないでしょうか。