Vitality Asset

不安症セラピストがメンタルヘルスについて考えるブログ

【悲報】僕の大好きなフライドポテトが想像以上にメンタルに悪かった

こんばんわ、なすびです。

 

 今日は僕の大好きなフライドポテトに関するお話です。

 

テーマ 

フライドポテトが○○が死ぬほど身体に悪いぞ!!

 

 

  • フライドポテトのヤバさを知ったら、自然と全然食べなくなった

  • トランス脂肪酸があらゆる不調の原因?

  •  控えると体調が改善する食べ物

  • たまに食べるくらいは許してほしい

 

 

フライドポテトのヤバさを知ったら、自然と全然食べなくなった

 

突然ですがフライドポテトってうまいっすよね〜。

 

僕はマックとかでブログネタを考えることが多いのですが、まあそんな環境にいるのでフライドポテトの良い匂いがしょっちゅうしてくるわけでございます。匂いを嗅ぐたびに「フライドポテトが食べたいな〜」と思うのですが、頑なにコーヒーしか注文をしません。

 

なぜなら世界中の研究により、フライドポテトに多く含まれるある成分で死亡率が上がり、メンタルが悪化する可能性が出てきたからなんですね。なので良い匂いがしても、不思議と止めておこうという気分になります。

 

そんなわけで今日は不思議とフライドポテトを辞めておこうと思うような、「フライドポテトのヤバさ」みたいなところについて書いていければと思います。

 

 

トランス脂肪酸がとにかくやばい!


f:id:nasubi-healthcare:20190213181819j:image

 

フライドポテトがやばいと言われる主な理由は、トランス脂肪酸の存在が大きいです。

  

ちなみにトランス脂肪酸とは何なのかと言いますと、

植物油を長持ちさせるために水素を添加したもの。また植物油を脱臭するために高熱で処理する過程で生み出される物質。

になりまして、価格帯が安い飲食店とかでよく使われる植物油脂を作る過程で発生する、悪い成分みたいな感じになります。そのためフライドポテトに限らず、揚げ物やスナック菓子といった加工食品に多く含まれております。そんな日常に潜んでいるトランス脂肪酸ですが、我々の体内でうまく処理できない物質になるため、体内でいろんな悪さをしてくれるわけですね。

 

具体的には総カロリーの1%〜2%がトランス脂肪酸に置き換わるだけ、悪玉コレステロールの数値が急増したり、肥満や炎症、糖尿病、心臓疾患に繋がることが数々の研究でわかっています。(p.p.p.p)

 

こういった成分の悪影響は専門家によって賛否が分かれることが多いのですが、トランス脂肪酸に関しては満場一致で悪影響を認めております。トランス脂肪酸の害に反対する専門家はいないと言われるほどですからね。それがフライドポテトに多く含まれている可能性があるということですから、恐ろしい限りですな。

 

 

 トランス脂肪酸があらゆる不調の原因?

 

ここではトランス脂肪酸の話に入る前に、一度炎症について触れていきたいと思います。

 

炎症はざっくり言うと、ウイルスと免疫細胞が体内でバトルを繰り広げている状態のこといいまして、たとえば「風邪を引いて熱を出す」といった状態は炎症の一種です。ウイルスと免疫細胞がバトルをしているせいで体温が上がり、頭がぼーっとしたり、身体がだるくなったりするわけですな。

 

んでもって風邪のような病気が炎症火力最大だとすると、トランス脂肪酸によって起こる炎症っていうのはとろ火でじっくりあぶられてるような感じになります。

 

とろ火であぶられるようなわかりにくい炎症は病気ほどわかりやすい症状は出ないものの、

 

  • なんだか疲れが取れない
  • 身体が重い
  • なんとなく不調に感じる
  • 憂鬱や不安がおさまらない

 

といった、慢性的な症状を引き起こします。

 

このようなわかりにくい炎症でも、長い時間をかけることで大きな病気になってしまうので早めに手を打ってあげるのが吉。特に近年では体内の炎症レベルが高いほどうつ病になるリスクが高いということが研究でわかっていますので、トランス脂肪酸でメンタルが病みやすくなる可能性が否定できないわけですね。(p.p)僕も就活中は特にメンタルが落ち込みやすかったのですが、それはお菓子やコンビニ飯によるトランス脂肪酸の摂りすぎが拍車をかけていたのかもしれません。。

 

そんな炎症を引き起こすトランス脂肪酸は、水素を添加することで、食品は長期保存することに向いてますが、その分人間の寿命を縮まっていく恐ろしい成分なわけです。そんな恐ろしさからトランス脂肪酸が規制されている国もあったりしますが、日本は諸外国と比べると摂取量が少ないため規制は検討中。まあそれだけ体にとって有害な物質であることは間違いないということですな。恐ろしや恐ろしや(°_°)

 

 控えると体調が改善する食べ物

 

ここではトランス脂肪酸が含まれている食品を紹介します。

 

 

加工油脂

 

 

加工油脂を使用した食品

  • 菓子パン、及びパン
  • スナック菓子
  • 揚げ物
  • ファーストフード
  • レトルト食品
  • ドレッシング
  • マヨネーズ
  • ラー油

 

こう見ると普段スーパーとかコンビニで目にする物結構多いかと思います。ちょっと意外なところで言えば、ドレッシングあたりかと思いますが、低カロリーをうりにしたノンオイルドレッシングも、実はトランス脂肪酸が含まれていたりするわけですね。

 

またサラダ油といった植物油脂は製法によって、トランス脂肪酸の量に差があるものの、精製過程でがっつり加熱処理を行っているものが多いので、基本的には含まれていると考えてもらってよさそうです。油はなるべく、オリーブオイルとかMTCオイルをお使いくださいませ。

 

この辺の食品を控えるだけでも、体調が改善する可能性は大いになるので、意識して避けてもらえるとメンタルヘルスにいい影響を与えるのではないでしょうか。 

 

 

そうはいってもたまに食べるくらいならいいのでは?

トランス脂肪酸の有害性について述べてきました、トランス脂肪酸が含まれている食品はとても多いのもまた事実。生活から取り除こうと思うとなかなか大変ですし、「私の食生活、ほとんどトランス脂肪酸や~」っという人も、中にはいるでしょう。

 

そのような方は徐々に野菜や魚といった、栄養価の高い食品に置き換えていくといいと思います。食費や時間は掛かりますが、加工食品が全体の2割以下になるようにシフトしていけば、疲労感やメンタル面は改善していくと思われます。

 

また中にはトランス脂肪酸が含まれた食品を抜いたら「僕の生きがいがなくなる!」という方もいらっしゃるかと。その場合はとりあえずその食品のデメリットをよく知った上で食べてもらって、「昼は良くないもの食べたから、夜を野菜を増やそう」みたいな感じで、一日を通してバランスを取ってもらえれば良いのかなと思います。

 

僕も月に一回、フライドポテトを食べて良いことにしましょうかね〜。

 

 

 

まとめ

  • トランス脂肪酸はLDLコレステロールを大幅に増やすし、肥満や炎症、糖尿病、メンタル不調といった病気の引き金になる
  • 加工食品はトランス脂肪酸が含まれていることが多いので、できるだけ避けるのが無難
  • 全体の2割に以下に抑えてもらえると、メンタル不調や体調の改善が期待できる